ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

思わず見ちゃう!15種類の「エコー」をつなげて1曲の歌にしてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの頃、トンネル内でパチンと手を叩いたり、あ〜♪(なぜか決まって「あ」)と声を出しては、音の響きを楽しんだもの。

この反響・残響効果をより細分化して、15の施設でプロの歌手が歌った曲を1本に繋ぎ合わせた実験動画がこちら。建物室内にこだまする“その音”に注目しながら、耳をそばだててどうぞ。

建物の奏でる“歌”を聞け

ウィーンに拠点を置く映像制作会社「TOUCHÉ VIDEOPRODUKTION 」が制作したこの動画は、ひたすらに「音」が持つ可能性だけを追ったプロジェクトを敢行。じつに200回以上のテイクを繰り返し、撮影には約2日を要したそう。














フランス人シンガーソングライターJoachim Müllnerさんによるアカペラは、撮影された場所ごとに、音質も音域もまったくの別のも。もちろん、音声には一切エフェクトがかけられてはいません。

以下は、2013年に公開されたドラムバージョン。こちらは屋外で撮影されたものですが、地表や周囲の環境によって、やはり音の響き方がまったく違って聴こえるはずです。

映像も音源もデジタル加工が当然の時代に、逆に“生音の迫力”に魅せられる。そんな実験動画では?

Licensed material used with permission by TOUCHÉ VIDEOPRODUKTION

関連記事リンク(外部サイト)

音楽フェスに行って踊りまくると、どの位カロリーを消費するの?(動画あり)
電話ボックス型の「世界一せま〜いディスコ」が大人気!
マクドナルドの「トレーシート」で本格的な音楽が作れちゃう!?(オランダ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP