ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「子供の頃から日本アニメ好き」 ミラ・ジョヴォヴィッチ、ニコファーレで大はしゃぎ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ニコファーレに舞い降りた巨大飛行船に大喜びのジョヴォヴィッチさん

 映画『三銃士』(10月28日公開)の記者会見が2011年10月23日に東京・六本木のニコファーレで開かれ、来日中のポール・W・S・アンダーソン監督、女優のミラ・ジョヴォヴィッチさん、日本語吹き替え版を担当する俳優の溝端淳平さんらが登壇した。途中、AR(拡張現実)技術を用いた巨大宇宙船が客席に現れるサプライズ演出があり、「こんなの初めて。すごい!」と登壇者らを驚かせた。

 『バイオハザード』シリーズなどで知られるポール・W・S・アンダーソン監督の最新作『三銃士』は、アレクサンドル・デュマの冒険活劇「三銃士」を題材にしたアクション映画。17世紀のフランスを舞台に、奪われた王妃の首飾りを取り返すため、若き青年ダルタニアンと三銃士が旅に出る。映画では劇中、レオナルド・ダ・ヴィンチが設計した巨大な空飛ぶ船が登場。空中での激しい戦いが描かれる。

■「空飛ぶ船のイメージは『ヤマト』と『オーディーン』から」

 「ミレディ」を演じたジョヴォヴィッチさんが「子供の頃から日本のアニメが好きで、キャラクターの絵をよく描いていた。お姫様キャラクターなのに空中戦というものすごいスタントをしてしまうミレディは、日本のアニメ的よね」と語ると、ジョヴォヴィッチさんの夫でもあるアンダーソン監督も、

「もともと日本のマンガ・アニメが大好きで、撮影の方法に影響を与えていると思う。『三銃士』に登場する空飛ぶ船は、大好きなシリーズ『宇宙戦艦ヤマト』と『オーディーン 光子帆船スターライト』にとてもインスパイアされたよ」

と、夫婦そろって日本アニメファンであることを明かした。

 また、溝端さんが「飛行船をここに呼びたいと思います」と言うと、ニコファーレの特長である全面LED画面やCG技術を駆使したAR表現で、劇中に登場する巨大飛行船が会場に舞い降りた。ゲスト陣は飛行船に触れるような仕草をしながら、

「カッコイイ!日本ならではだね!」
「こんなの初めて! すごい!」
「続編はこの部屋で撮影しようかな」

後から出てきた小型飛行船を蹴るジョヴォヴィッチさん

と大はしゃぎ。ニコニコ生放送の視聴者も「かっけええええええええええええええ」「落ちてくるーw」「こりゃすげぇ技術だな」「記者逃げろおおおお」と大興奮。飛行船同士の激しい戦いが目の前で繰り広げられると、ジョヴォヴィッチさんは「爆発で髪が焦げた気がする!」と、楽しそうに語った。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 溝端淳平さんが巨大飛行船を呼ぶところから視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv67965028?po=news&ref=news#0:49:29

(中村真里江)

【関連記事】
芦田愛菜や枝野経産相に「かわいい!」の歓声 東京国際映画祭、始まる
デジハリ学長がニコ動職人に熱いエール、「三重の人はハリウッドで通用するレベル」
『攻殻機動隊』などを手がけた神山監督、最新アニメ発表イベントを開催 ニコ生で中継
3D版「攻殻機動隊S.A.C」 草薙素子の胸はなぜ飛び出て見えた
ニコファーレで”デジタル花火”11万発以上を打ち上げ「にーこやー」

カテゴリー : エンタメ タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。