ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国人 他人の足を引っ張って上に上がろうとする傾向あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国マスコミは「オバマ大統領の広島訪問反対」で異様に熱を上げ、米国の日本配慮と日米緊密化に激しく嫉妬した。これには韓国人の気質も関係しているようだ。産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏が解説する。

 * * *
 ところで以前、韓国で企業経営などビジネスをしている在日韓国人を集めて座談会をやったことがある。ビジネス体験というか職場体験を通じて分かった韓国人の特徴としてこんな話が出た。

「韓国人は自分が努力してのし上がることより他人の足を引っ張って上に上がろうとする傾向がある」というのだ。「韓国人は嫉妬深い」という評もあった。「韓国人は他人(あるいは同僚)をなかなかほめないし、他人に対するホメ言葉を聞くと不愉快な顔をする」という。だからホメ言葉は同僚や他人がいるところでは言わないほうがいいと。

 学者出身で道知事をしたことがある韓国人の知り合いから聞いた話で「行政当局に他人を批判、非難、通報、密告する“訴え”の投書や電話が多いのには驚いた」というのもある。韓国社会そのものが“告げ口社会”というわけだ。韓国は告訴、告発が非常に多い国として知られる。新聞社説に「信頼社会を傷つける行為」として乱発を戒める声がしばしば登場するほどだ。

 つまり韓国では日常的にいたるところで足の引っ張り合いが展開されているのだ。古くは李朝時代の生死を賭けた政治的派閥争いである「党争」が思い出されるが、これは密告(告げ口)やウワサの流布による熾烈な足の引っ張り合いだった。

 韓国は今も昔も競争が激しい。競争が激しいから嫉妬も強い。興亡、盛衰の激しい大陸にぶら下がった半島民族、半島国家の、なりふり構わない生き残りのための“文化”だろうか。その際、相手に勝つには自助努力も必要だが、相手の足を引っ張って引きずり下ろすのが手っ取り早い。

 韓国でよく使われることわざに「イトコ(親戚)が土地を買えば腹が痛くなる」というのがある。「身内が金持ちになると腹が立つ」というわけだ。韓国人には日本に対し過去の支配・被支配の歴史からくるある種の“身内意識”があり、さらに近年の経済発展・国力増進による日本とのある種の接近感もある。

「日本に追いつきつつある」あるいは「追いついた」という意識が日本への嫉妬心を強くし、日本の足をしきりに引っ張ろうとする心理になっているのだ。その意味ではすべてに圧倒的な格差のあった昔より、その心理はむしろ強くなっているのかもしれない。日本としては国際的に韓国の存在感と影響力が大きくなっているだけに、以前のように笑って見過ごすわけにはいかなくなっている。

 【PROFILE】1941年生まれ。京都大学卒業。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長を経て産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『決定版どうしても“日本離れ”できない韓国』(文春新書)、『韓国はどこへ?』(海竜社刊)など多数。

※SAPIO2016年7月号

【関連記事】
新大久保の韓国学生との韓国語個人レッスン 参加費は300円
韓国では「サザエさん韓国人説」が流布し真に受けている人も
ソウルの中国人留学生「3年経つのに韓国人友達1人もいない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP