ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高校野球で体罰なくならぬ理由 経済学で説明可との説も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夏の甲子園に向けて地方大会が始まろうとしているなか、一冊の興味深い本が出た。著者は慶応大学の商学部の教授だ。高校野球取材歴20年を超えるフリーライターの神田憲行氏が読んだ。

 * * *
 書名は「高校野球の経済学」(東洋経済新報社)という。著者の中島隆信教授はこれまで「大相撲の経済学」「刑務所の経済学」などの類書を書かれている。

 最初は高校野球の闇の部分を書いているのかとドキドキしながら手に取ったのだが、そういう本ではない。本書の目的を「はじめに」から抜き書きしてみると、

《本書の目的は、高校スポーツの一つに過ぎない高校野球が100年の長きに渡って続いてきた理由について、経済学的思考法を用いて体系的に説明することである。経済学的思考法の特徴は“効率性”と“合理性”の観点から論理を組み立て、世の中の現象を説明するところにある》

 私のように高校野球にどっぷりつかっている者でも一歩引いてみると、公共放送が全試合の全球を日本全国に生中継し、チケット売り場に年配者も子どもも行列を作るというのは、“異常”な光景に写る。その謎を著者の武器である「効率性」と「合理性」のモノサシ、経済学の知見から解き明かしてみようとする試みが本書なのである。

 分析の対象は多岐にわたっていて、その全てを紹介することはできないので、ここでは私が膝をポンと打ったところを紹介する。

 まずひとつが体罰の問題である。高校野球では残念ながら、体罰問題で処分される監督とコーチがほぼ毎年登場する。著者は「高校野球は教育の一環」というスローガンから、

《教育は一種の投資である。投資とは、いま消費したいのを我慢して将来時点でのより多くのリターン(見返り)を期待することだ》

《教育を投資とみなす考え方が、教育現場での苦痛に対する寛容性の原因になっていることは否定できない。(中略)学校での体罰や家庭内の虐待も、それが教育であり躾だという“正当性”を持っていたがゆえに対応が遅れた感がいなめない》

 そして注釈で、大阪大学の大竹文雄教授の「平均への回帰」という知見を紹介する。「平均への回帰」とは、良かったときは次に悪くなり、悪いときは次に良くなるという「純粋に統計的な現象」をいう。

《(大竹教授は)「失敗した時に体罰を含めて厳しく叱ったら次回に成果が出るというのは、因果関係ではなく、平均への回帰が観察されているだけ」と述べている。つまり、体罰がなくならないのは、“平均への回帰”を体罰の効果と誤解するためだという考え方である。プロ入り1年目に活躍した選手の成績が翌年に下がることを“2年目のジンクス”というが、これも“平均への回帰”と考えれば納得がいく》

 ほう! いまだに「体罰は必要悪」とか言ってるスポーツ指導者に「それ勘違いでっせ」と読ませてやりたいところである。ちなみにこの本はこのように注釈が数多く付けられていて、そこを拾い読みしていくだけでも勉強になる。

 読み手によっては反発を招きそうなのが、著者が1章をさいて解説した沖縄の高校野球に関してである。著者は沖縄野球の歴史から入り、現在のように強豪県になったことを、「本土化」と呼ぶ。優秀な指導者が本土で研鑽を積み、それが沖縄県に還元されたという意味である。そこから、

《しかし、それが果たして沖縄の目指すべきものといえるだろうか》

 と、著者は問いを立てる。

《沖縄に限らず地方について語るときすべてに共通する疑問は、“本土(東京)スタンダード”を念頭に努力することが本当に地方の活性化につながるのかという点だ》

「本土化」が進めば、身体能力の高い沖縄の高校生たちは本土の特待生を目指すようになる。なぜなら「本土化」は本土で実行するのがもっとも効率が良いからだ。

《この現象は、新幹線が通っている地方の駅に降り立ったとき、駅前に“ミニ東京”ができているのと同じである。所詮は実態のない見せかけの都市であって、少し奥に入れば空き地やシャッター通りが広がる。なぜか。それは“東京スタンダード”を目指すなら、東京に出て行くのが最も効率的だからである》

 そして沖縄の優位性から、沖縄の高校がアジアに向けた高校野球の発信基地となることを期待するのである。

 これには、強くなってなにが悪い、強さの効率を求めると型が似てくるのは仕方ないではないか、という反発もあるだろう。

 だが私も実は、「本土化」した沖縄野球に一抹の寂しさを感じたひとりである。呆れるほど高い身体能力を持ちながら、どこかもろさもある。まるで野犬の群れのような沖縄野球、この本でも紹介されている2006年の八重山商工のような野球スタイルが懐かしくなるときがある。

 著者の見解全てに同意する必要は無く、むしろ「それはどうかな」と反発することが、深く考えるきっかけになる。

 最終章で著者は高校野球を成立させている4要件を提示する。それはこれからの読者のために明かさないが、興味深く、納得できるものだった。頭で読む野球本である。

【関連記事】
地域別にみる高校野球トリビア 鳥取県が日本一を誇るのは?
高校野球応援ルール 田中康夫氏が着ぐるみを脱がされた過去
渡辺久信 高校3年の夏は自分の押し出しにより県決勝で敗退

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP