体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」

【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」
0e456e22ccee01a224782d53c6c586f96304aec1

JR中央線の武蔵境駅からバスで10分ほどの郊外に突如として現れる、色鮮やかな円筒と球体・立方体を組み合わせたアーティスティックな建築物。一見するとテーマパークや商業施設のように思えるが、実はれっきとした集合住宅。現代美術家にして建築家の荒川修作とマドリン・ギンズが手掛けた「三鷹天命反転住宅」だ。
【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」
【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」
【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」
【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」

全9戸の集合住宅の内外装には14色のビビッドなカラーリングが施され、どこの位置に立っても必ず6色以上が目に入るようになっている。
【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」

外観だけでなく、間取りも特徴的だ。リビングの中心にキッチンが据えられ、トイレとシャワールームは開放型。球体の部屋や天井に取り付けられたフック、傾斜や凸凹のついた床や天井まで伸びるポールなど、まるで建物全体がアスレチック場のような構成になっている。
【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」

大人の土踏まずと子どもの土踏まずの大きさに合わせて2種類の凸凹が施された床は、様々な石が洗い出しされており、裸足で歩くと足裏から色々な感触が伝わってくる。キッチンやバスルーム、それぞれの部屋ごとに異なる素材の床材が使われており、この部屋を歩くだけでも不思議で刺激的な体験を覚える。
【東京・三鷹】身体の可能性を探る、「ヘレン・ケラーに捧げる家」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。