ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パパ、ママ必携!子連れにやさしいスポットを集約したスマホアプリ「Winnie」が良さそう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

子連れの親のためのソーシャルネットワーク「Winnie」個室キッズルームを利用できるレストランや、ベビーバスを借りられる温泉旅館、授乳室が完備された水族館など、日本でも、幼い子どもと一緒に安心して楽しめるスポットが増えてきた。

しかしながら、これらの情報は、個人のブログや口コミサイト、育児専門コミュニティサイトなど、様々なメディアに散在しているのが現状だ。

・子連れの外出に実用的なスポット情報を集約

スマホアプリ「Winnie」のスクリーンショットTwitterをはじめとする有力テクノロジー企業での勤務を経て、現在、一児の母でもある起業家のSara Mauskopfさんは、2016年6月、米サンフランシスコで、子連れで外出する親たちのためのソーシャルネットワークアプリ「Winnie(ウィニー)」をリリースした。

ユーザー同士で、子連れに配慮されたスポットをタグ付けしたり、経験談やアドバイスなどを投稿し合うことができる。

「Winnie」は、米国内の10万以上のスポットを網羅し、公園や図書館など、子どもが楽しめるスポットのほか、おむつ交換台や授乳室、ベビーカースペースといった、子連れの外出において実用的な情報も数多く掲載。

キーワードでの検索はもちろん、Eat(食べる)、Play(遊ぶ)、Chill(休憩)、Find(おむつ交換、トイレなど)のカテゴリーから、現在地近くのスポットを検索することが可能だ。

・子連れのパパ・ママのための情報プラットフォームの広がり

日本でも、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」や、授乳室が設置されたスポットを検索できる「ベビココ」など、子連れ向けの情報プラットフォームが開設されているが、「Winnie」は、位置情報に基づきスポットを検索できる点で、より利便性の高いサービスといえるだろう。

Winnie

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。