ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Xのベンチマーク結果(Antutut / PC Mark / 3D Mark)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近海外で発売された「Xperia X」のベンチーマークテストを行ってみました。Xperia X は 5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶ディスプレイや Snapdragon 650 1.8GHz ヘキサコアプロセサ、3GB RAM などを搭載しており、スペック的にはミッドレンジ ~ ハイエンドの中間に位置するような機種です。今回はベンチマークアプリの定番、Antutu、PC Mark、3D Mark でテストを行い、その結果を昨年のフラッグシップ Xperia Z5 Premium と比較してみました。Antutu のトータルスコアは、Xperia X が 72,570 点と、Xperia Z5 Premium が 78,361 点でした。PC Mark のトータルスコアは、Xperia X が 5,100 点、Xperia Z5 Premium が 5,522 点でした。3D Mark(Sling Shot ES 3.1)のスコアは、Xperia X が 859 点、Xperia Z5 Premium が 1,579 点でした。Antutu と PC Mark のテスト結果にはほとんど差がありませんでしたが、3D グラフィックスの性能については、3D Mark のスコアが示すように、性能は Xperia Z5 Premium よりも下がっています。結論は、通常の操作においては Xperia Z5 Premium 並みの性能を発揮するものの、ゲームなどの 3D 周りの性能は劣ります。

■関連記事
Android用のChrome 53 Devがタブスイッチャーのテーマカラーをサポート
LG、GoogleやSamsungに習ってセキュリティアップデートの情報を公開する「Security Bulletins」を新設
Google、Googleフォトにオリジナルサイズの画像を無制限でアップロードできる購入特典をMoto Z / Z Forceに提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP