ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Eテレ『びじゅチューン!』の不思議な魅力を作者に迫る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 誰もが知る絵画や彫刻、建築物などの美術作品。それが、アーティストの井上涼さんの手にかかると、モナ・リザがお局OLにされてしまったり、ムンクの叫びがラーメン店の店主になったり。

 そんな驚くべきストーリーが仕立てられ、耳に残る歌とアニメで紹介されるというのが、『びじゅチューン!』だ。ストーリーはもちろん、アニメーション、作詞、作曲、歌もアーティストの井上涼さんがすべてこなす。

 そのシュールな世界観は海外でも評価が高く、5月にドイツ・ミュンヘンで開催された青少年向け番組の世界的コンクール『プリ・ジュネス』の7~10才向けのノンフィクション部門で、同番組が『オフィーリア、まだまだ』でベスト3に選ばれた。

 絶望して入水したオフィーリア。「そんな彼女が“まだまだ頑張ろう”って泳ぎ出したら? 人間の底力を描き、見た人が前向きな気持ちになったらいいなと考えました」と井上さんは語る。

 ここまで聞いただけで、これまで見たことのないユニークな番組であることはわかるだろう。この独自の世界観はいかにして生み出されるのだろうか。

「作品を見た第一印象を大切にしています。“(この絵の中の人物)なんか意地悪そうだな”とか、直感を生かすことが多いんです。でも、作品の構図やテーマから離れすぎず、『言われてみればそうかもね』と共感してもらって、オリジナルの美術作品を好きになってもらうのがゴールです」(井上さん、「」以下同)

 一度聞いたら、なかなか耳から離れない歌は、Jポップがベース。Jポップには、ロックやラップなど、いろんな要素が入っていて親しみやすく、頭に残りやすいのだという。

 そんな創意工夫に、視聴者の反応は?

「下は2才、上は70代のかたからも反響をいただいてます。私の作品を通じて、“敷居が高かった美術に親近感がわきました”と言われたのが、いちばんうれしかったですね」

 今、巷では“Eテレがいちばん冒険した番組を作っている”と好評価だが、その中でも群を抜くこの番組。時価ウン億円といわれる名作を前に、なんだか厳かな気分で鑑賞すべきだと思い込んでいたけど、芸術の新しい眺め方、知れた気がする!

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
山本美月 『PRウーマン』初日舞台挨拶で見せたスラリとした脚
SAPIO連載・業田良家4コマ漫画【1/2】「勝敗ライン」
SAPIO連載・業田良家4コマ漫画【2/2】 「沖縄の未来」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP