ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「YouTuber」が辞書に? 「前向きに検討」と大辞泉編集長

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 子供達に人気のアノ職業が辞書に載るかもしれない――。オトナ世代にとってはいまいちピンと来ないけど、小中学生が「なりたい!」と憧れる職業、それが【ユーチューバー/YouTuber】。動画共有サイト『YouTube』でさまざまな商品を使った感想を、おもしろおかしい動画にしてアップするなどして、広告料を得る人たちのことだ。しかし、この言葉は現在、ほとんどの国語辞典には載っていない。国語辞典『大辞泉』の板倉俊編集長が語る。

「そもそも『YouTube』という言葉自体を収録している辞書が少ないのが現状です。辞典各社とも、日本語のスタンダートであると自負しているわけですから、一企業名、一サービス名を軽々に載せるのをためらう気持ちは理解できます」

 とはいえ、企業名でも辞書に載るケースは少なくない。まして、『YouTube』は現在、創業12年目で、一般的な認知度も高い。

「たとえばNHKや朝日新聞は各辞書に載っています。もはや広く一般に定着し、既存マスコミに劣らぬ影響力を持つ『YouTube』を載せない理由は見当たりません」(同前)

 そうした理由から、『大辞泉』は【ユーチューブ】という言葉を2008年から収録しているという。

 そして近く【ユーチューバー】も載せる方針なのだという。『大辞泉』では、先月18日から「大辞泉が選ぶ新語大賞 あなたの新語も辞書に載せよう。」キャンペーンを実施(http://www.daijisen.jp/shingo/)しており、辞書に載っていない「新語」と「既存の言葉に新しく加わった意味」が半月で750本寄せられた。そのなかに【ユーチューバー】の掲載を求める声が複数あったのだという。

「もちろんこの言葉の存在はチェック済みで、立項の検討もしていました。しかし、複数の投稿があったことから、さらに前向きに収録を考えています」(同前)

 辞書に載せるとなると、【ユーチューバー】の厳密な意味のほか、英語としても通用しているのか、それとも和製英語なのかなどなど、チェックすべきことがたくさんあるのだとか。

 同キャンペーンでは、寄せられた投稿から毎月「今月の新語」が発表される。今回はほかに【熊本地震】【統一名簿方式】などの時事用語のほか、若者言葉の【しくる】と、既存だが意味の追加が望まれる語として【焼け太り】などを推す投稿が選ばれた。

【しくる】「しくじる」の俗な言い方。(投稿語釈)
【焼け太り】火災にあったあと、かえって以前よりも生活や事業の規模が大きくなること。(既存語釈)+転じて、危機や災難にあったにもかかわらず、それを利用して利益を得たり、事業規模を大きくしたりすること。(投稿を元に編集部が加筆)

 ただし、投稿された語釈がそのまま『大辞泉』に載るわけではない。板倉編集長によると、「そこはやはり、言葉のプロである編集部と、専門分野ごとの執筆陣に諮り、辞書らしい正確な語釈にして掲載します」という。国語辞典としての信頼性は保ちつつ、みんなが辞書に載せてほしいと願う言葉を積極的に採り入れる……そんな試みの広がりが注目される。

【関連記事】
言葉の新イメージを『大辞泉』が公募 今年のお題は「夢」等
『三国』『新明解』の間にある昭和辞書史上最大の謎に迫る書
男を出世させる女性を指す言葉 由来は「上げ間」説が有力

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP