ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界で最も影響力がある女性100人 中国系は9人

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米経済誌「フォーブス」は2016年版の「世界で最も影響力がある女性100人」に中国や香港、台湾から9人を選んだ。同誌のランキングで、中国系の女性9人が選出されるのは、これまでで最も多い。それだけ、中国系女性の影響力が強まったことを示しているようだ。

 9人のなかで、最も高いランキングは台湾の蔡英文・総統で17位。同じくアジア地域の女性の最高指導者としては12位の朴槿恵・韓国大統領には及ばなかったものの、中国の習近平国家主席夫人の彭麗媛氏(58位)や他の中国人女性を抑えて今回初登場。

 他の中国系女性としては、電子商品取引大手のアリババ(阿里巴巴)傘下の金融サービス企業、アント・フィナンシャル・サービスの彭蕾(ルーシー・ポン)最高経営責任者(CEO)が35位。38位に香港人で、世界保健機関(WHO)事務局長の陳馮富珍(マーガレット・チャン)氏。

 42位は香港のキングストン証券の朱李月会長で、香港証券業協会主席も務めている。

 また、中国広東省に本社を置く藍思科技の周群飛社長が61位。周氏はアルバイトからトップに上りつめた立志伝中の人物。昨年の上海の胡潤研究院の中国人女性の長者番付トップで、藍思科技の主力事業はタッチスクリーンの製造で、アップル、サムスン、華為が主な顧客。保有資産は500億元(約8000億円)とされる。

 63位は中国の空調設備製造の世界的メーカー「珠海格力」トップの董明珠会長。次に、中国の長城自動車の王鳳英社長が69位で、香港の億万長者の李嘉誠・長江実業グループ会長がトップの李嘉誠基金會の周凱旋理事が81位にランクインした。

 蔡英文氏、マーガレット・チャン氏、彭麗媛氏以外の6人はいずれもビジネス界のトップだった。

 ちなみに、1~3位は、ドイツのメルケル首相、ヒラリー・クリントン前米国務長官、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の順だった。

【関連記事】
10億ドル以上のスーパーリッチ 大中華圏が米抜き最多
香港の女性富豪 資産3000万ドル以上833人で世界一との調査
香港で歴史ある2新聞の親会社が合併 辛辣な評も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP