ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若手女子アナ ゴルフ接待やお茶汲みも台頭の契機に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 華やかな女子アナとて会社員。その人事は社内での人間関係に左右される。「この子、最近よく見るなぁ」という若手女子アナの台頭にもワケがある。日本テレビ『ZIP!』のキャスターの座をゲットした郡司恭子アナ(25)の十八番は「ゴルフ接待」だ。

「慶大の体育会ゴルフ部出身でベストスコアは79の腕前。接待ゴルフに誘われれば必ず参加するだけでなく、自分から声をかけている」(日テレスタッフ)

 4月から『めざまし』に抜擢された2年目の宮司愛海アナ(24)は「新人仕事」で猛アピールした。

「お茶汲みや掃除といった新人の仕事を常に笑顔絶やさず率先してやるので、先輩から可愛がられてアナウンス室のマスコット的存在になっているそうです」(フジテレビ関係者)

 テレビ朝日『ミュージックステーション』MCの弘中綾香アナ(25)は「名物プロデューサー」の心を掴み仕事を増やした。

「新人研修の時、『アメトーーク!』の加地倫三プロデューサーに『お前、面白いな』と声をかけられて以来、飲み会に頻繁に呼ばれている。普段、『アメトーーク!』に女子アナは出ないが、弘中は特別にロケに出演させたり、『ロンドンハーツ』でも私服を披露する企画にゲストで呼んでいた」(テレ朝関係者)

 女子アナの世界も結局はマメな“営業活動”と“根回し”が運命を分けるのだ。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
朝日放送新人・澤田有也佳アナ ミス東大でお天気キャスターも
日テレ新人・佐藤真知子アナ 丸顔で「第2の水卜」の声も
女子アナ採用更に狭き門に 正社員採用よりフリーに頼る風潮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。