ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カップルにおすすめ【山口】人気デートスポット20選!定番から穴場まで

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カップルにおすすめ【山口】人気デートスポット20選!定番から穴場まで 170823_山口

巌流島や壇ノ浦、明治維新の志士たちの縁の地としても歴史に刻まれている「山口」。

関門海峡やカルスト台地など雄大な自然を満喫でき、山海の幸も豊富な県です。

じゃらん編集部ではカップルにおすすめのデート情報として、山口のデートスポットを徹底調査。定番から穴場まで全20スポットを紹介します。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

記事配信:じゃらんニュース

唐戸市場

唐戸市場出典:じゃらん 観光ガイド 唐戸市場

ふく汁やふくの握りなど色々選んで食べれるのが楽しい。市場の雰囲気も楽しめる。実際のセリの様子も見学できます。金・土・日・祝日には露店がでます(じゃらん現地スタッフの耳より情報)

\口コミ ピックアップ/

新鮮な地元のお寿司がリーズナブルな値段で食べられます。ネタも大きく、食べ応え十分。宿泊したホテルの朝食をつけずに、土曜日10時から朝食代わりに行きました。朝食つけなくて大正解でした(*^^*)

(行った時期:2017年7月2日) 唐戸市場

住所/山口県下関市唐戸町5-50

「唐戸市場」の詳細はこちら

角島

角島出典:じゃらん 観光ガイド 角島

下関市豊北町の沖に浮かぶ面積約3.93平方kmの玄武岩台地の島です。まるで海の上を滑るようにして橋を渡ると、そこには手付かずの自然が残された北長門海岸国定公園で、心地よい潮風に吹かれながら、悠久の昔から今へと続く、人と自然とが共生する営みを肌で感じられます。ハマオモト(ハマユウ)の分布北限地であり、島の西端には角島灯台(一等灯台)があります。本州と角島をむすぶ角島大橋からは、エメラルドグリーンの美しい海を眺めることができます。

\口コミ ピックアップ/

角島大橋を高台の上から見下ろすと、一面にスカイブルーの海が広がり、まさに絶景です! 高台の近くにある、イカ焼きもとても美味しくてオススメです☆

(行った時期:2017年5月) 角島

住所/山口県下関市豊北町角島

「角島」の詳細はこちら

秋芳洞

秋芳洞出典:じゃらん 観光ガイド 秋芳洞

秋吉台の山麓にある東洋屈指の大鍾乳洞。

洞口の高さ24m、横巾8mに達し、洞内の最も広いところが200m、天井の高いところが40m、最も高いところは80mに達しています。

延長は約10kmといわれているが、一般観光ルートは約1kmまで。

洞内の気温は四季を通じて17℃のため、快適に探勝できます。

\口コミ ピックアップ/

見どころいっぱいです。居住地近辺にも鍾乳洞はありますがスケールの大きさは比ではありません。たったこれだけのものが何百年、何万年かかってできているのかと思う反面芸術的なものもあり自然の偉大さを十分感じさせてくれました。

(行った時期:2017年7月) 秋芳洞

住所/山口県美祢市秋芳町秋吉

「秋芳洞」の詳細はこちら

錦帯橋

錦帯橋出典:じゃらん 観光ガイド 錦帯橋

延宝元年(1673)第三代岩国藩主吉川広嘉により創建されたもので、現在の橋は四代目にあたります。 錦川の清流に架かる五連のアーチを描いた木橋で、長さ193.3m幅5m。 木と木の組合せによって支えられ、巻金とかすがいが使われています。

\口コミ ピックアップ/

二泊三日の広島旅行の際、ちょっと岩国まで足を延ばしました。写真でしか知らなかった錦帯橋を渡るときは感動しました。更には橋の下から見上げると木のアーチがリアルに見え、これまた感動しました。

(行った時期:2017年5月21日) 錦帯橋

住所/山口県岩国市岩国1丁目

「錦帯橋」の詳細はこちら

下関市立しものせき水族館・海響館

下関市立しものせき水族館・海響館出典:じゃらん 観光ガイド 下関市立しものせき水族館・海響館

総水量2,400トン、65の水槽に魚など500種20,000点の水族たちが展示されている。関門海峡を再現した瀬戸内海水槽はトンネル状で海底散策気分が味わえる。日本唯一のシロナガスクジラの全身骨格標本や、世界のフグ100種類以上など下関らしい展示も特徴。目の前に関門海峡が広がるアクアシアターでは、イルカとアシカの共演によるパフォーマンスが開催される。イルカの水槽を眺めながらイタリア料理が楽しめるレストラン・デルフィーノもある。

\口コミ ピックアップ/

朝1番での入場!時間、平日という事でか人が少なくのんびりと回れました。入ってすぐエスカレーターに乗ると別世界、幻想的な空間が広がります。海中トンネルで魚やアザラシ、ペンギン等が間近に見られ、ついつい手を伸ばしたくなります。イベントも時間がずれているので参加しやすく私は初めてイルカに触る貴重な経験ができました!

特に大きな目をした河豚とアイコンタクト。とても可愛い。下関は河豚と言いますが、私はこれから河豚は食べません!子供が小さい時にしか水族館とか行かないけど、大人になってもイルカ、アシカショーは楽しいもんですね!

もう一度来たいと思う所でした。

(行った時期:2017年6月) 下関市立しものせき水族館・海響館

住所/山口県下関市あるかぽーと6番1号

「下関市立しものせき水族館・海響館」の詳細はこちら

秋吉台

秋吉台出典:じゃらん 観光ガイド 秋吉台

500~600m級の山脈に囲まれて盆地状の台地を形成しています。

台地面の標高180~420m、主として古生代の石灰岩からなり、台地の地下には雨水によって侵食された鍾乳洞が多数散在しています。

\口コミ ピックアップ/

カルスト大地の草原と、そこから見上げた夜の星空が何年たっても記憶に残っています。とても雄大な光景でした。

(行った時期:2017年3月) 秋吉台

住所/山口県美祢市

「秋吉台」の詳細はこちら

瓦そばたかせ

瓦そばたかせ出典:じゃらん 観光ガイド 瓦そばたかせ

\口コミ ピックアップ/

山口県出身の知人に「瓦そばは美味しいから絶対に食べておいで」と言われたので、そこまで言うならと食べてきました。 「焼いたそばを瓦にのっけて出すだけでしょ?」なんてイメージは食べた瞬間崩れました。 最後のお焦げも美味しい♪ 是非 おすすめです。

(行った時期:2017年2月13日) 瓦そばたかせ

住所/山口県豊浦郡豊浦町川棚5437

「瓦そばたかせ」の詳細はこちら

瑠璃光寺

瑠璃光寺出典:じゃらん 観光ガイド 瑠璃光寺

文明3年(1471)陶弘房の夫人が夫の菩提をとむらうために、現在の山口市仁保高野に創建した寺で、はじめ安養寺といっていたが、明応元年(1492)に瑠璃光寺と改められました。

この地にあった香積寺は、慶長9年(1604)に萩に移され、その後にこの瑠璃光寺が元禄3年(1690)に仁保から移り来たもの。

曹洞宗で山号を保寧山といい、薬師如来が本尊である。防長屈指の大寺で、経文や画像など多くの寺宝が所蔵されています。

国宝の五重塔は香積寺の遺構です。

\口コミ ピックアップ/

桜満開で日本庭園そして五重塔!訪れたタイミングも良かったのでしょうか最高でした。わざわざ京都まで行かなくても此処で済んじゃうような感じです。山口に行ったら此処は必須スポットでしょう。

(行った時期:2017年4月) 瑠璃光寺

住所/山口県山口市香山町7-1

「瑠璃光寺」の詳細はこちら

萩城城下町

萩城城下町出典:じゃらん 観光ガイド 萩城城下町

1604年に毛利輝元が萩城を築いて以来、260年間にわたって36万石の城下町として栄えた萩市は日本有数の史跡都市。

重厚な武家屋敷、夏みかんがのぞく土塀やなまこ壁、鍵曲など、町並みには今なお城下町の風情が色濃く残っています。

2015年7月世界遺産登録決定(明治日本の産業革命遺産)

\口コミ ピックアップ/

木戸孝允旧宅、円政寺、菊谷家住宅、田中義一誕生地、高杉晋作誕生地等や街並みをゆっくり散策、江戸時代にタイムスリップしたような素晴らしい街並みでした。

(行った時期:2017年7月) 萩城城下町

住所/山口県萩市南古萩町付近

「萩城城下町」の詳細はこちら

湯田温泉

湯田温泉出典:じゃらん 観光ガイド 湯田温泉

山陽路随一の湯量を誇る名湯として知られる温泉。アルカリ性単純温泉で、肌によく馴染むやわらかい湯が特徴です。

起源は古く室町時代からの歴史を誇る温泉です。傷ついた白狐が温泉に足をひたして、その傷をいやしたと伝えられています。

\口コミ ピックアップ/

結構温泉街に足湯がありました。地図を片手に散策するのも楽しかったです。素泊まりで来ても、飲食店は多いので、遅い時間からの湯田温泉入りもできると思います。

(行った時期:2016年10月) 湯田温泉

住所/山口県山口市湯田温泉

「湯田温泉」の詳細はこちら

松陰神社

松陰神社出典:じゃらん 観光ガイド 松陰神社

維新の原動力となった吉田松陰を祀る神社で、明治40年(1907)伊藤博文らによって建立されました。境内に松下村塾や遺墨展示館・吉田松陰歴史館があります。

\口コミ ピックアップ/

初めて行きました。

世界遺産になっていたとは知らなかったです。

本殿は気が引き締まりますね。

周辺も見所多く、歩いて回れる範囲にありました。

(行った時期:2017年5月29日) 松陰神社

住所/山口県萩市椿東松本1537

「松陰神社」の詳細はこちら

関門海峡

関門海峡出典:じゃらん 観光ガイド 関門海峡

下関市と北九州市門司区の間の幅約700mの海峡です。中世から近世へ、また近世から近代へ、日本の国が大きく変わるときには、いつもこの海峡が舞台となってきました。時代を動かす熱いエネルギー、それは1日に4度も流れを変える急潮がこの地に育てたのかもしれません。いまも日に大小約700隻の船が行き交い、風景を優しく彩る潮騒と汽笛の音は、環境庁選定「残したい日本の音風景百選」にも選ばれています。

\口コミ ピックアップ/

本州と九州の間にある関門海峡。その間を繋ぐ関門橋から見える景色はとても綺麗でした。近隣には、さまざまな飲食店や観光スポットもあり、1日楽しめる場所になっています!

(行った時期:2016年11月) 関門海峡

住所/山口県下関市

「関門海峡」の詳細はこちら

道の駅 萩しーまーと

道の駅 萩しーまーと出典:じゃらん 観光ガイド 道の駅 萩しーまーと

萩漁港に隣接し、活気あふれる市場の雰囲気の中で鮮魚や水産加工品、地元産の野菜・果物などのショッピングが楽しめます。 水槽で泳ぐイカや萩の背つきアジ、生ウニ、サザエ、アワビなど漁港直送の味は宅配も可能で、塩ウニや蒲鉾、干物なども産地ならではの価格と品揃えです。 オープンカフェのあるベーカリーや地酒・菓子が揃ったみやげ物店もあります。 レストラン「浜料理がんがん」と「維新亭」はいずれも鮮魚を生かしたメニューが充実しています。

\口コミ ピックアップ/

萩しーまーと内にあるレストラン、浜料理がんがんで泳ぎイカの刺身をたべました。というより、これ目当てに行きました。 これ目当てに行くのは3回目で、前回はまさかのその日はイカがないという悲しいお知らせがあり、リベンジで行きました。甘くてタコみたいに吸盤が口の中ではりついたり、とにかく新鮮で最高です。お鮨もピカピカでおいしかったです。

(行った時期:2017年6月10日) 道の駅 萩しーまーと

住所/山口県萩市椿東北前小畑4160-61

「道の駅 萩しーまーと」の詳細はこちら

カモンワーフ

カモンワーフ出典:じゃらん 観光ガイド カモンワーフ

関門自慢の海の幸を中心としたレストランや土産物店が立ち並ぶシーサイドモール。

ボードウオークからは関門海峡が一望できます。

関門海峡の潮騒と汽笛は、「残したい日本の音風景百選」に選ばれ、一帯は壇之浦の合戦・武蔵と小次郎の巌流島決闘など歴史に彩られた「海峡劇場」とされています。

目前に立つ赤と白の灯台は「恋人灯台」と呼ばれ、ロマンチックな伝説を秘めています。

\口コミ ピックアップ/

巌流島への船の船着き場やデッキがあり、海を眺めながらのんびり散歩できます。

海の幸を扱った店がいろいろあるので予算に合わせて食事ができます。

有名な唐戸市場がすぐそばにあるので、市場内のお店でテイクアウトして外で食べるのもいい。唐戸市場の屋上には、一面芝生があって、そこで寝転がって関門海峡の船の行き来を眺めるのが抜群。おすすめポイントです。

(行った時期:2016年9月) カモンワーフ

住所/山口県下関市唐戸町6-1

「カモンワーフ」の詳細はこちら

関門トンネル人道

関門トンネル人道出典:じゃらん 観光ガイド 関門トンネル人道

1958年に21年の年月をかけて完成した、下関と門司をつなぐ関門トンネル。エレベーターで地下約50mまで降りると約780mの人道トンネルがあり、歩いて約15分で本州と九州を行き来することができる。壁には海草や魚、天井には朝、昼、夕、夜の空が描かれていて、夜の空は星が光る演出がされている。

本州と九州を歩いて横断できる人道トンネル

\口コミ ピックアップ/

歩いて九州から本州に渡れるってすごい!と思い行ってきました。観光客ももちろんいますが、ウォーキングしている方、ジョギングしている方が結構いてビックリしました。下関側・門司側のエレベーターホールに設置してある記念スタンプを押して指定の場所に持っていくと記念証をもらえます。

(行った時期:2017年5月20日) 関門トンネル人道

住所/山口県下関市~福岡県北九州市

「関門トンネル人道」の詳細はこちら

秋吉台サファリランド

秋吉台サファリランド出典:じゃらん 観光ガイド 秋吉台サファリランド

動物達を野生に近い状態で見ることができる動物園。大迫力の猛獣を間近で見れる数少ないスポットです!

車から降りずに園内を見学できるので、雨が降っても、暑くても大丈夫!!

車からでも園内を見学することができますが、エサやりバスでの見学は、草食エリアやライオンエリアでのえさやり体験もできます。

自然の動物たちをじっくり見学した後は、併設の遊園地や売店でお楽しみください。

\口コミ ピックアップ/

ナイトサファリのエサやりバスに乗りました。

バスの中からとはいえ、やはりライオンが近付いてくるのは緊張します(笑)

エサを食べる姿は可愛らしかったですけど。

(行った時期:2016年8月) 秋吉台サファリランド

住所/山口県美祢市美東町赤1212

「秋吉台サファリランド」の詳細はこちら

長門峡

長門峡出典:じゃらん 観光ガイド 長門峡

阿武川上流一帯,石英斑岩が浸蝕されてできた峡谷。渓流岩と植物の調和がみごと。新緑が深緑とかわる6月ごろには紅紫色のシャクナゲの花、フジの花、ヒナランの淡紫色の可燐な花と、長門峡の春・夏・秋は色とりどりの花で彩られます。

\口コミ ピックアップ/

秋の紅葉が見事です!親子でハイキングがてらに行ってきました。小学生も紅葉を楽しんでいました。心が落ち着きますよ!

(行った時期:2016年11月) 長門峡

住所/山口県萩市川上

「長門峡」の詳細はこちら

一の俣温泉

一の俣温泉出典:じゃらん 観光ガイド 一の俣温泉

西日本屈指の泉質ともいわれる名泉・一の俣温泉は周囲を山に囲まれた、ひなびた雰囲気の情緒あふれる温泉郷です。独特のぬめりをもったお湯は一度入るとやみつきになり、リピーターも数多く訪れます。

\口コミ ピックアップ/

トロトロのお湯の温泉が最高です!

化粧水のようなお湯は風呂上り 肌がしっとりして 次の日化粧のノリが良かったです。

(行った時期:2017年6月) 一の俣温泉

住所/山口県下関市豊田町大字殿敷1918-1

「一の俣温泉」の詳細はこちら

国宝瑠璃光寺五重塔

国宝瑠璃光寺五重塔出典:じゃらん 観光ガイド 国宝瑠璃光寺五重塔

この五重塔は、応永6年(1399)の応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために、弟の盛見が建立を計画、嘉吉2年(1442)に完成したといわれています。

塔は、方三間で高さが31.2m、建築様式はおおむね和様式で一部に唐様式が見られます。

屋根は檜皮葺で、塔身部は上層部に向かって細くなっており、非常にすっきりとした印象です。

室町時代中期におけるすぐれた建築の一つであるとともに、大内文化の最高傑作であり、日本三名塔の一つにも数えられています。

\口コミ ピックアップ/

山口観光の一つとして訪れました。規模としては大きくはありませんが観光ボランティアの方のお話を聞き、地元の方々に大事にされた歴史があることを知りました。瑠璃光寺前の長州苑さんで下関グルメの「瓦そば」をお昼にいただきました。熱い瓦でそばの下の部分がぱりぱりして不思議な食感とつゆダレの甘さ等山口に行けば一度は食べて戴きたい瓦そばでした。

(行った時期:2017年7月) 国宝瑠璃光寺五重塔

住所/山口県山口市香山町7-1

「国宝瑠璃光寺五重塔」の詳細はこちら

千畳敷

千畳敷出典:じゃらん 観光ガイド 千畳敷

標高333mの高台に広がる草原の地(26,400平方m)で,眼下には日本海に浮かぶ島々、果てしなく広がる海と空の360度一大パノラマが展開し、海をわたる爽やかな風が、波のざわめきを伝えます。まさに「日本海を望む大広間」です。

\口コミ ピックアップ/

風車と海と。

天気が良い日には

山々の緑 海の青 風車の白がキレイです。

5月に行きましたが、風が丁度良く

清々しい時間でした。

(行った時期:2017年5月) 千畳敷

住所/山口県長門市日置中1138-1

「千畳敷」の詳細はこちら

山口県のデートスポットをもっと知りたい方はこちらもおすすめ!

~秋のおすすめデートスポットはこちら~

~冬のおすすめデートスポットはこちら~

※この記事は2017年8月時点での情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

関連記事リンク(外部サイト)

新名所!琵琶湖絶景カフェ「びわ湖テラス」はもう行った?【滋賀】
フルーツ狩りや川床も!夏を満喫!旬のドライブスポット6選【福岡】
涼遊び&涼スイーツに穴場的避暑地も!?広島のおすすめ癒しスポット9選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。