体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100ヶ国を旅した男が伝える「1人1人が自分らしく生きれたら、きっと世界はもっと平和になる」

100ヶ国を旅した男が伝える「1人1人が自分らしく生きれたら、きっと世界はもっと平和になる」

今一人の旅人が2年半、100ヵ国の世界一周を終え、新たなチャレンジに挑戦しています。

それが「世界一周学校」プロジェクト

一体どんなチャレンジなのか。そして「世界一周学校」ってどんな学校なのかみんなで見てみましょう♪きっとこれを読み終わる頃、みんなのワクワクが止まらなくなるに間違いない!

 

ドMチャレンジャー「MaSaTo」

13339436_10208456202061602_7924160623653935656_n

photo by MaSaTo

今回紹介する人は、世界一周ブログで1位を獲得したお馴染み『MaSaTo 世界一周学校』のMaSaToさんです。

彼の旅のモットーは後悔しないように、いろんなことにチャレンジするドM旅人です。

1987年生まれ、神奈川県出身。大学生の頃から世界に興味を持ち始め、フィジー留学・フィリピン留学・フィジーにて学校建設ボランティア・内閣府国際交流事業「第21回世界青年の船」日本代表などを大学在籍中に経験する。 その後、不動産ベンチャー企業に就職し、営業・人事を担当。その後2013年4月に退職し、世界一周の旅を始める。 2016年4月末に、世界100か国を周り、2年6か月の旅を終える。
(引用:https://www.makuake.com/member/index/112137/

例えば、世界一過酷なマラソン「サハラマラソン」250㎞に出場そして完走。

13316920_10208456202541614_1240674457151535711_o

Photo by MaSaTo

ロバと一緒に旅してみたら、荷物ごと逃げられるという失態にもめげず、2匹目のロバとなんとか一緒に旅をしたり、インドで10日間言葉を発してはいけない「ヴィパッサナー瞑想」に参加。

チリでは「世界一乾いた砂漠アタカママラソン」250㎞に仲間と参加など他の人はあまりしないことに彼は挑戦し続けました。そして、自分の足で歩き自分の目でみた世界中の大自然の数々。

13346635_10208456207141729_1869972654917438278_n

Photo by MaSaTo

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy