体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“甘くない”砂糖の話。砂糖の代わりになる健康的な甘味料はどれか?

“甘くない”砂糖の話。砂糖の代わりになる健康的な甘味料はどれか?
脂肪は悪魔とされてきました。しかし近年、アボカド、バターなどが 科学的な健康効果を立証しているように見えるとともに、形勢は確実に変わり始めています。

むしろ、がん細胞の餌になったり、肌質の劣化、肥満の原因を糖を制限して、脂肪分をメインに摂っていくことが健康にいいとされる「糖質制限食」がブームになっています。

今年3月、砂糖の摂取に関したドキュメンタリー映画までもが作成されています。砂糖に関するドキュメンタリー映画。これは監督自らが被験者となり、60日の間、砂糖や果糖を 1日 40杯分摂取し続けるというルールの元、撮られた作品です。

摂取する対象は、巷で売られている加工食品に含まれている糖分。ちなみに、ルールに定められている「1日スプーン40杯分の糖 」というのはオーストラリアの平均的な摂取量です。

当映画の監督であり、被験者でもあるデイモン・ガモー氏は、その制作背景をこのように説明します。

■ 映画『あまくない砂糖の話』 デイモン・ガモー氏のコメント

最近、子供達が糖尿病や肝臓病にかかっているという話をよく聞きます。砂糖が体に及ぼす影響について、議論は多くありますが、事実は十分に明らかになっていません。それならば、自分の体で実験してみようと思い立ちました。

健康的だと思われているシリアルやヨーグルト、ビタミンウォーターなどを食べて 60日を過ごしました。そのような食品にも、非常に多くの糖分が含まれています。これらの食品がカラダにどのような影響を与えるのか? それが実験の主旨です。

実験後、私の肝臓は、肝臓病の手前までに硬直した状態でした。結果が出た後、元の食生活に戻したところ、体調が元に戻ったことを考えれば、この映画の大きなテーマでもありますが、食物は良くも悪くも人体に大きな影響を与えるということが分かります。子供達にも伝えていきたいな、と 本当に肌で感じました。

ただ、オーストラリアと日本で大きく異なるのは、日本には伝統的な食文化が根付いているということです。魚、野菜、米を主食とした食文化のベースがあります。

対して、オーストラリアは歴史が浅いです。食文化のベースが確立されてはいません。

昨今ではアジア諸国でも糖尿病の発症率が高くなっている状況を考えれば、今後、日本においても食生活は気をつけていなねばならない時代なのかな? そう思います。

『あまくない砂糖の話』予告 (1:41)

砂糖の代わりに「使用するべきではない」食品は?

しかしながら、甘いものが大好きな方も多いはず。そんな方達のために今回は、砂糖の代わりになり、かつ、健康的である甘味料をご紹介します。

【果糖】

果糖は、インシュリンの放出を引き起こしませんので最初、砂糖の健康な形であると思われていましたが、果糖は健康にあまりよろしくありません。

果糖は、アルコールと似たようなものです。肝臓に直接に行くので、肥満になりやすいという特徴があります。通常、新陳代謝されなければなりません。

また、果糖は脳や筋肉にエネルギーを供給しません。ただし、これは製品化された果糖のお話です。果物から摂る果糖は素晴らしいものです。

【はちみつ】

はちみつは天然甘味料ですが、控え目に摂取すべき存在です。

はちみつはグルコースと果糖で主に構成されていて、単糖なので、血液へ素早く吸収されますが、「血糖量をコントロールしよう」「減量をしよう」と考えているならば、理想的ではありません。

購入したはちみつには、砂糖水が混ぜられている場合があり、純正品でない可能性が高いからです。

◎はちみつの品質表記

・はちみつ

天然のはちみつを使用している場合の表記。ただし、食品の材料として使用されている場合もこの表記になるので注意。

・精製はちみつ

天然のはちみつから臭い、色素などを取り除いた場合の表記。栄養分は天然のはちみつに劣る。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。