体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いつだって「ご機嫌な女」でいるための、ちょっとした法則

生活・趣味

ANAの客室乗務員時代、皇室や各国国家元首など世界的なVIPの接遇担当に度々抜擢されていた里岡美津奈さん。「その場の感情に左右されず、いつも気持ちが安定していたこと」が選ばれた理由だと言う彼女が、いつも安定した気持ちをキープするヒントをまとめた書籍が『いつもご機嫌な女でいるためのちょっとしたコツ』です。その中から「ご機嫌な私」を作る方法を厳選して紹介!

今この瞬間を楽しみ、今が一番いいと思える人になる

いつだって「ご機嫌な女」でいるための、ちょっとした法則

お茶を飲んでいて茶柱が立っているのを見つけたら、どう思いますか? たぶん“いつものあなた”なら、「あ、ラッキー! 何かいいことあるかも」と思うのではないでしょうか。 でも、もしも虫の居所が悪かったら「茶柱が立ったくらいで……。 どうせ何も変わらないでしょ!」と真逆の反応になるかもしれません。

同じ状況でも、ごきげんなときは「ラッキー」と嬉しくなり、不機嫌なときは「どうせ……」とネガティブになる。 どう考えても、ご機嫌な人の方がハッピーを引き寄せられそうですよね。

毎日、こんなふうにご機嫌で過ごせる人は、さらにご機嫌な状況を引き寄せられるようになります。特別なことでなく、思い方、考え方ひとつで状況は変えられるのです。

ポジティブすぎも、ネガティブすぎもダメ。いつも真ん中の「中庸」を心がける

「中庸」は、何事もやりすぎてはいけない。 かといって、遠慮しすぎるのも良くない。 適度にバランスのいいことが最高の人徳だ、という意味です。要は「偏るな」という意味だと私は捉えています。

何かがあったときに、感情が伴うのは当然。 いいことがあったとき、嬉しさのあまりテンションが高くなることもあれば、辛いことがあってネガティブになることもあります。 それは仕方がないし誰でもあることだけれど、心の針がグラグラと振れてばかりでは疲れてしまいます。 さらに、周りの人はどう対応していいのか分からない、ついていけないと感じてしまいます。 

そこで肝心なのが、いつも真ん中の「中庸に」を心がけること。 自分自身がとってもラクに生きられるようになり、一緒にいる相手も楽しいはずですよ。

今日からしばらく、「私は、幸せ!」と言い続ける

いつだって「ご機嫌な女」でいるための、ちょっとした法則

いつもご機嫌でいるなんて難しい。 そう思う人は、今日からしばらく、「私は幸せ!」と言い続けてください。 え?「そんなふうに思えるはずないでしょ」って? いいんです、はじめは思えなくても。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会