体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【第6講】「H+S+N=RK」ってなに!?会話の達人・ロンブー淳が語る、会話を充実させる魔法の方程式。

2016年3月29日、幕張メッセにて、体験型ティーンズフェス「超十代」が開催されました。様々なコーナーやイベントが催される中、ひときわ人気を博していたのが、ロンドンブーツ1号2号のメンバー・田村淳さん(以下、淳)によって開講された「あつし塾」。学校では教えてもらいえない、〝大人になるために大切な物事〟を伝える私塾です。生徒役として鶴嶋乃愛さん、中川可菜さん、池田美憂さんも登壇され、講義は大盛り上がりでした。その模様を一部お届けいたします! 第6講 コミュニケーション

先生:田村淳

生徒:鶴嶋乃愛中川可菜池田美憂

ドウデモイイ会話こそ、本当に仲良くなるための最初のステップ。コミュニケーションを充実させる方程式「H+N+S=HK」

淳:3時間の授業です。講師を務めます田村淳です、よろしくお願いします。3時間目は、コミュニケーションの授業です。コミュニケーションといっても、友達との会話とか、そんな感じに捉えてください。まずは、コミュニケーション苦手だっていう人。

(挙手多数)

結構多いですね。それでは、僕が考えるコミュニケーションの方程式を発表します。「H+N+S=RK」です。

Hは「ヘェ〜」、Nは「なるほど」、Sが「すごいっすね」、これを繰り返すことでRS「良質な会話」になるんです(笑)。

この3つを繰り返していれば、人間って大概の会話ができるということに気付いたんです。僕はテレビ番組の司会をやることが多いですが、実際にやっているのも全部これ(笑)。次にテレビを見るとき、よく見てみてください。ドウデモイイ会話の時、僕はよくこれをやっています。「すごいっすね」を言い過ぎるのはあんまり良くないから、適度にやりましょう。5回に1回くらい。すごいって思っていないときにい言うと、「こいつ聞いてねぇな」ってバレるから、ちょっとでも心に刺さったときに「すごいっすね」っていうと、話している人は気持ち良くなってくるんです。

——ドウデモイイ会話の先に、本当のコミュニケーションがある

淳:〝最初から本当に実りのある会話なんてできない〟と僕は思っています。まず人間として仲良くならないといけない。そのために必要なのが〝ドウデモイイ会話〟です。どうでも良い会話ってしんどいんだけど、それの向こう側にしか本当のコミュニケーションがないから、僕はずっとこれをやっています。「へェ〜、なるほど、すごいっすね」って(笑)。

これを小学校の授業でも実践したんです。みんなで街に出て、この3つだけを使って街の商店街のおじちゃん、おばちゃんに取材をさせてもらった。そうしたらおじちゃんおばちゃんも「この子たちは、まぁ人の話を聞くの上手いね」って、「自分は八百屋さんなんだけど、赤字で困ってる・・・」とか、普段言わない話を聞き出せました。魔法の言葉として成立するんだって、その時に確信しました。

進学に就職に。人の話を聞く態度が、あなたの人生を左右する。

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy