ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家の増築ならぬ「減築」 7つのメリットと3つのデメリット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 子供たちがいた頃は、にぎやかだけど狭苦しいと感じていたわが家。でも、子供の独立などで、夫婦だけ、あるいはひとり暮らしになった途端、広すぎて寂しく感じるようになることも。近年、不便さと同時に不安が増す、家の悩みが解決できる、と注目を集めているのが「減築」。

 その名の通り、増築の反対で、家の規模を減らすというもの。この減築について、『「おひとりさま」の家づくり』(新潮新書)などの著者である、建築家の天野彰さんに7つのメリットを聞いた。

(1)生活空間をコンパクトにまとめられる
 普段の生活で感じていた家に対する不満を解消。生活に必要なスペースと生活動線を見直してコンパクトにすることで、暮らしやすさが生まれる。

「減築すれば、何でもほどよく手が届くところに集めることができます。スペース的には、ひとりなら10坪もあれば充分。空いたスペースは、駐車場やアパートにして貸すことも可能です」(天野さん)。

(2)防犯面でも安心できる
 大きな家の場合、普段、足を踏み入れない、人の気配がない場所はドロボウに侵入されやすく、侵入されても気づきにくいという。

「目の届かない部屋をなくすことで、防犯性はグッと高まります。家全体が暗いのもNG。住宅街での家の灯りは、その家だけでなく、街の防犯性の向上にも役立ちます」(天野さん)。

(3)光熱費など生活費も効率化できる
 掃除や空気の入れ替えを怠ると、家は傷んでいくもの。使っていない部屋がある場合、そこから家が傷んでしまうが、家が小さくなれば、掃除などの負担も楽になる。また、部屋数が減れば冷暖房も効率化でき、光熱費も抑えられる。風通しや採光の改善も、光熱費を抑えるのに有効だ。

(4)固定資産税も軽減できる
 固定資産税は、家の延床面積によって決まってくる。減築によって延床面積が減れば、当然その分だけ固定資産税も減額されるのだ。

(5)建て替えよりも減築はローコストでできる
 新築の際にもっとも重要で費用がかかるのが基礎工事。減築はリフォーム工事なので、今ある基礎を利用でき、その分、費用が抑えられる。

(6)慣れ親しんだ場所で暮らせる
 長年暮らしたコミュニティーを離れて、知らない人ばかりの新しい場所で人間関係を作り上げるのは、不安が大きいもの。減築の場合、今の家をリフォームするので、老後も安心だ。

(7)耐震性が向上できる
 部屋の一部分のみのリフォームではなく、減築では家全体を見直すため、基礎工事や耐震構造チェックも必須。現在の耐震基準に合わせた補強工事だけでなく、間取りの見直しに合わせた家具の配置換えもでき、家具の転倒などによる地震被害を防ぐなど、防災につながる家づくりができる。

 続いて、デメリットについても教えてもらった。ここでは、最近「減築」のオーダーも増えていると語る住友不動産の広報担当者にも聞いた。

(1)費用がかさむこともある
 新築よりも費用が抑えられるとはいえ、それなりに費用がかかるもの。「基礎がしっかりしていて構造上の問題がなければ、通常の減築工事の場合は、新築工事の7〜8割の費用ですみます」(天野さん)。

「目安は1000万~2000万円。幅が広いのは、建て替えと比べて費用が抑えられた分、“趣味のレコードを楽しむ部屋を作りたい”など、こだわりの空間づくりを希望されるかたが多いため。当初の想定より、お金をかけるかたも多いですね」(住友不動産広報担当者)

(2)工事中に仮住まいが必要に
 小規模なら居ながらにしての減築も可能だが、壁を取り払う、2階建てを平屋にするなど、大がかりな工事の場合、仮住まいが必要だ。

「とはいえ、完全に取り壊しての建て直しなら着工して半年近くかかるところ、減築リフォームなら3か月程度ですむので、仮住まいの負担も少なくすみますよ」(住友不動産広報担当者)

(3)減った部屋に物が収まりきらない
 減築することで家が小さくなるため、元の広い家に収まっていた荷物をそのまま持ち込もうとすると収まらず、処分が必要となる。

「シニア世代は、物が捨てられず、不用品を溜めこんでいることも多いんです。“新しい家には持っていけないから”とご自身による処分を促すことで、納得した断捨離につながりますので、メリットも多いですね」(住友不動産広報担当者)

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
家の「減築」で得た余剰スペースを 賃貸にして収入確保
マイホーム改修 木造の壁や基礎補強工事で1棟150~200万円
注文増加中 高齢者に精神的なゆとりをもたらす「減築」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP