ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

参院選後の内閣改造 あっと驚く大粛清が起きる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三首相の衆参W選への目論見を覆させ、官邸の実力者となった菅義偉・官房長官は、さらには増税派の麻生太郎・副総理兼財務相と谷垣禎一・幹事長を押し切って消費増税延期を通した。麻生・谷垣氏は「解散して信を問うべき」と反発した。そして菅氏への包囲網を敷き、参院選で結果がでなければ菅氏の責任を問おうとしている。

 そうなったとき、安倍首相は自分から解散権を奪った菅官房長官を切るか、それとも弓を引いた盟友の麻生氏、谷垣氏らを追い出すのか。

「内閣改造は参院選直後の7月下旬、あっと驚く大粛清が起きる。霞が関では閣僚の大幅入れ替えは既定路線です」

 そう語るのは官邸官僚の1人だ。

「参院選が終われば安倍総理の総裁任期はあと2年。総理が人事権を行使できるのはせいぜいあと2回、任期満了前の解散のタイミング次第ではひょっとすると次が最後の内閣改造になるかもしれない。総理も今回の改造で自分を支えてきた世耕弘成、萩生田光一両官房副長官や総理補佐官など入閣適齢期の側近たちを論功行賞で大臣ポストにつけなければならないと考えているはず」

 霞が関では、安倍外交を支えたお気に入り官僚の斎木昭隆・外務事務次官の勇退が決まり、首相の経済ブレーンの本田悦朗・内閣官房参与は念願のスイス大使に就任するなど、「安倍時代の終わり」をにらんだ人心一新が始まっている。

 そこに政権内で造反が起きた。ダブル選挙も憲法改正の悲願もつぶされて鬱々としている安倍首相が人事で大鉈を振るう絶好の口実ができたのだ。

「この政権は安倍総理、麻生、甘利(明・前経済再生相)のトリプルA+S(菅官房長官)が骨格になって安定していたが、甘利氏の失脚でバランスが崩れ、うまくいかなくなった。

 人心一新にはタイミングがいい。盟友の麻生さんは副総裁、谷垣幹事長はお役御免で衆院議長ではないか。2人とも改造で用済みにされるかもしれないと感じているから思い切って実力行使に出たのだろうが、更迭の絶好の理由をつくってしまった。これで菅降ろしが始まれば、総理は目の上のたんこぶとなった菅官房長官もケンカ両成敗で一緒に交代させる口実になる」(同前)

 交代の場合、後任の官房長官は加藤勝信・一億総活躍相が有力とみられる。大粛清人事で盟友やお友だちの大臣たちは一掃され、代わりに首相に絶対服従の「安倍チルドレン内閣」に変わるとみているのだ。

 古今東西、権力者が権力を握り続けるために取る行動はナンバーツーを次々に粛清することだ。終わりが見えてきた安倍首相も、そうなっていくのか。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
安倍首相側近の出世競争に差 加藤勝信氏、世耕弘成氏の明暗
政権交代の最後の儀式は官房機密費の“山分け”だった
麻生・谷垣の乱の狙いは「菅官房長官包囲網」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP