ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

色とりどりの綺麗な野菜たちが集結!『パックトート』

  • ガジェット通信を≫



ผักทอด パックトート
野菜のてんぷら

クレット島でみつけた、ちょっと変わったお店。

ふつう、パックトート(野菜のてんぷら)といえば、とうもろこしとかお芋とか、野菜の春巻きっぽいものとかを売っていることが多いけど、ここのお店のはちょっと違っていた。


すらっとならんだ野菜の数々。どうやらいろんなタイの野菜を油でカラッと揚げた、自然派素材のお店らしい。(^^ 
左から読んでみると、「パックブン(空芯菜)」「ドークソーン(ソーンの花)」「アンチャン」「ドークケム(ケムの花)」「チャップルー」「パックペット」かな?

アンチャンは青い色を出すためによく使うタイの花だよね。ドークケムは針の花って意味だけど、タイではポピュラーな花びらが赤い尖った形をしている花の名前やね。チャップルーは具を包んで食べるミアンカムっていう料理でよく使うね。「ドックソーン」と「パックペット」はよくわからん。。。

こういうタイで自生していたり、山の中で生えている植物を採ってきて食べる野菜のことを、「パックプーンバーン(ผักพื้นบ้าน)」と言うらしい。 


揚げられた野菜の前には、揚げる前の生の食材をディスプレイ。
でも、全部の食材をディスプレイしているわけじゃないので、ちょっと中途半端かな?


注文した野菜はバナナの葉っぱで作った器に、ザクザク入れてくれる。
試しにサイトゥックヤーン(全部入り)で注文してみた。


買ってみたのがこちら。なかなか彩り豊か!テンション上がるね!
ま、味はどれもクセがない食材なので、フツーにかき揚げなんだけど。


アップで撮ってみた。赤いケムの花の彩りが特にいいね。(^^
でも、ついてくるソースはやっぱりナムチムガイみたいな甘辛いソース。。。
健康志向のモノなので、塩とかで食べてみるのもいいかもね!

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP