ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジュード・ロウ、コスチュームを理由にスーパーマン役のオファーを断ったと明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジュード・ロウは、どうやら2006年の映画『スーパーマン リターンズ』の製作にあたり、スーパーマン役のオファーを受けたようだ。しかし、彼はあまり「興味をかき立てられなかった」と言い、厳密に言えばコスチュームへの不満を理由にその役を辞退した、とCBSのトーク番組『ザ・レイト・ショー』の司会者であるスティーヴン・コルバートに明かした。

ロウは、「私は英国人なので分からないけど、(その役に)合うとは思わなかった。常に衣装は気にかかるもの。私はただ、その衣装に魅力を感じなかった」と語った。

ブライアン・シンガー監督は、ロウが役を演じてくれるように、改良したスーツを送って説得した。ロウはスーツを喜んで試着してはみたが、すぐに脱いでしまった。

ロウは、「スーツをバスルームに持っていき、着用して周りを見回し、鏡に映る姿を確認し、一瞬にして私はスーパーマンになる。そしてテーマ曲が流れる。それから、コスチュームをまとった自分のポスターが、世界中に貼られる。私は“なんてこった!”という感じだった。それからスーツのファスナーを開けた。スーパーマンになるのは、2分間だけで十分だった」と、語った

最終的にスーパーマンの役はブランドン・ラウスの手に渡った。その後、映画『マン・オブ・スティール』と最近の映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』では、ヘンリー・カヴィルが赤いマントを身に着けている。

ロウはその当時、オファーを受けた役が「演じるには若すぎる」と考えた。しかし、コルバートは、英国人俳優にとって年齢はただの数字である、とロウを説得した。

コルバートは、「おそらく、見たところかなりの胸筋があるようだから、ぴったりの役だと思うよ」と、言った。

ロウは、6月10日(現地時間)より公開の映画『Genius(原題)』で、小説家トーマス・ウルフの役を演じる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP