ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

妊婦さんに必要な葉酸、ベビ待ちママはいつから摂ればいい?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊婦さんに必要な葉酸、ベビ待ちママはいつから摂ればいい?<br />

妊娠が分かったプレママから「栄養のバランスを考えて食事をするようになった」という話をよく聞きます。妊婦さんに必要な栄養素として、最近注目されているのが“葉酸”です。葉酸はビタミンのひとつですが、ビタミンCなどと違い、今まではあまり意識していなかったという方も多いのではないでしょうか。ここでは妊婦さんに葉酸が必要な理由と、いつ頃から意識して葉酸を摂ればいいのかをご紹介します。

“葉酸”は妊婦さんにとって必須の栄養素

葉酸は、ビタミンB群のひとつで水溶性のビタミンです。「血を作るビタミン」とも言われ、赤血球を作る働きもありますが、タンパク質の合成に働きかけ細胞を分裂させ体を成長させる役割も担っています。もっとも細胞分裂が激しいのは胎児の時です。そのため、妊婦さんには妊娠前より多くの葉酸が必要になるのです。特に妊娠初期に葉酸が不足すると胎児の成長が阻害され、脳や脊髄のもとになる神経管が正常に作られず「神経管閉鎖障害」のリスクが高くなってしまいます。しかし、充分な量の葉酸を摂取すれば、神経管閉鎖障害のリスクが低くなることも分かっているのです。

妊娠が分かったら、どの位の“葉酸”が必要?

厚生労働省が推奨する、15歳以上の成人男女の葉酸の摂取量は1日あたり200μgですが、妊婦さんには400μgの摂取を推奨しています。日本人はどの年齢でも葉酸が不足する傾向にあり、プレママが1日に400μgの葉酸を摂るには、かなり意識して摂取する必要があるでしょう。葉酸はほうれん草などに多く含まれていますが、水溶性のビタミンなので、茹でると葉酸の量が半減してしまうのです。400μgの葉酸を摂るには、1日に7束ものほうれん草を食べる必要があります。葉酸は、春菊やニラ、カイワレ大根、キャベツなどの野菜や、レバーにも多く含まれていますが、不足する分はサプリメントで補給するのもひとつの方法です。

ベビ待ちママも“葉酸”を摂ったほうがいい?

厚生労働省では、妊娠を計画している女性に対して、妊娠の1ヵ月以上前から妊娠3ヵ月まで、葉酸やその他のカルシウム、ビタミンを含むバランスのいい食事を取ることを推奨しています。胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らすには、妊娠前から葉酸を摂っておくことが望ましいということです。妊娠の可能性があるベビ待ちママも、意識して野菜を多めに食べて妊娠に備えておきましょう。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP