ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レコードの音楽をBluetooth・Sonosスピーカーで流せる「Trntbl」が登場!Spotifyと連動も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デジタル化が進む現在だが、昔ながらのアナログなビニールレコードに愛着がある愛好家も少なくない。

アナログならではの不完全で温かみのある音を聴きたい人には、レコードの予約出版サービスを手がけるVnylが開発中の「Trntbl」がよいかもしれない。

・レコードの曲をBluetoothスピーカーで流せる

このワイヤレスのレコードプレーヤーは、かけているアナログレコードの音楽を、手持ちのBluetoothスピーカー、AirPlay対応のデバイスのほか、Sonosのスピーカーで流すことができる。

・曲名を特定する賢い機能も

また、音声検索アプリShazamと似たような機能を保有しており、ターンテーブルで今かけているレコードの曲を特定することができる、賢い機能も付いている。

集めた曲名情報は、そのままSpotifyと連動させることが可能で、ユーザーの“アナログリスニング履歴”をオンライン上で公開し、友人や他ユーザーとシェアできるのが大きな魅力になっている。

・アナログとデジタルの橋渡しとなる

開発者の1人Nick Alt氏によると、レコード愛好家だけのコミュニティを形成するのではなく、さまざまなタイプの音楽愛好家と音楽体験をシェアできるよう、橋渡しの役割を果たせれば、とのこと。これまでにも、Bluetoothスピーカーと連動するレコードプレーヤーはあったものの、“ユーザーのアナログ音楽プレイリスト”をシェアする機能はなかった。

台座のカラーは“クリーム”・“ブラック”の2タイプで、透明のレコード台、ゴールドのノブ&トーンアーム。スマートでインテリアにも溶け込むデザインだ。

プリアンプが内蔵されていて、迫力あるワイヤレスサウンドを楽しめる。

・プレオーダー受付中

アナログの音楽体験と、デジタルの音楽世界とをつなぐ「Trntbl」は、現在プレオーダーを受け付けており、市場予価420ドル(約4万5200円)のところ、今なら351ドル(約3万7800円)で予約ができ、提供開始は今夏を予定している。

Trntbl

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP