ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サム・ライミ、米ワーナー・ブラザースによるトルネードを題材にした映画を開発中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Sam Raimi A Prophet

映画監督であり、プロデューサー、脚本家でもあるサム・ライミが、米ワーナー・ブラザースで、タイトル未定のアクション・アドベンチャー映画を手掛けることになった。同作は、カロライナ州で起こるトルネードの最中に行われる強盗を中心に展開する。

このプロジェクトは、映画『Stormfall(原題)』という仮タイトルで進行しており、同スタジオは、脚本家を探しているところだ。ライミは、監督を手掛けることを視野に入れて開発中だ。

『Stormfall(原題)』は、ライミが米ワーナー・ブラザースと手掛ける2作目の映画となる。同スタジオとビル・ブロックとのファーストルックの契約の一環として、2月にブロックが、ライミが手掛ける映画『World War 3(原題)』のプロジェクトに加わった。映画『World War 3(原題)』は、ジョージ・フリードマン原作のノンフィクション・ベストセラー小説『100年予測』をもとにしている。

ライミは、トビー・マグワイアが主演した映画『スパイダーマン』シリーズ3部作と、映画『死靈のはらわた』を手掛けた。

ライミは、1982年の映画『死靈のはらわた』に続き、映画『XYZマーダーズ』、続編映画『死靈のはらわた2』、映画『ダークマン』、『死靈のはらわた』シリーズ3作目の映画『キャプテン・スーパーマーケット』で注目を集めた。ライミは、映画『クイック&デッド』、映画『シンプル・プラン』、野球ドラマ映画『ラブ・オブ・ザ・ゲーム』、映画『ギフト』、映画『オズ はじまりの戦い』の監督も務めた。

ライミは、ルネサンス・ピクチャーズの創設者でもあり、現在、テレビシリーズ『死靈のはらわた リターンズ』のプロデュースを行っている。ライミは、CAA(クリエイティヴ・アーティスツ・エージェンシー)、ヘンセン・ジェイコブセンと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。