ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

塩の絶景がコロンビアにも!超穴場スポット「ネモコン岩塩坑道」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ライトアップされた塩の坑道。塩の水路に反射しています Photo Credit : Mayumi Kawai 「世界最大級のハート型塩のモニュメント!地下に眠る雪の華の鍾乳洞「ネモコン岩塩坑道」

こんにちは、Compathy MagazineライターのMayumiです。
みなさん、塩の絶景といったら「ウユニ塩湖」だけではないのです! 想像してください。かつて海に覆われていた地球には、いろんな形でその証が刻まれています。今回はそのひとつ、コロンビアのネモコン村にある岩塩坑道をご紹介します。

コロンビアの片田舎にあるネモコン村

首都ボゴタから路面電車と市バスを乗り継いで約3時間の片田舎にネモコン村は存在します。人口約12,000人程度の小さな村は、かつてSL観光列車の停車駅があり観光客で栄えていたそうですが、廃線後はすっかり寂れてしまいました。

そんなネモコン村は、村おこしの一環として若手芸術家の力を借りて作られたカラフルな壁画で彩られていました。

カラフルな壁画の民家 Photo Credit : Mayumi Kawai 「世界最大級のハート型塩のモニュメント!地下に眠る雪の華の鍾乳洞「ネモコン岩塩坑道」

ネモコン村の岩塩坑道

坑道としては500年以上の古い歴史を持ちますが、現在では廃坑となっています。コロンビアで岩塩坑道といえばお隣のシパキラが有名。そのため観光客はそちらに押し寄せ、ネモコンには観光客がそれほど多くいません。そのためのんびりと見学できるのがここの良いところです。

海水よりも濃い塩分濃度の地下水が大量に染み出しており、現在でも成長を続ける岩塩鉱。ちなみに、塩の味はとてもまろやかで酒のつまみになりそうです。

圧巻の塩の結晶の雪崩 Photo Credit : Mayumi Kawai 「世界最大級のハート型塩のモニュメント!地下に眠る雪の華の鍾乳洞「ネモコン岩塩坑道」

この岩塩坑道を象徴する巨大な一枚岩塩のハート型モニュメントは重さ約1.6tもあります。当時の現場監督が妻にささげたというロマンチックな逸話もあり、ライトアップに照らし出された赤のモニュメントはとても幻想的です。

巨大な一枚岩塩のハート型モニュメント Photo Credit : Mayumi Kawai 「世界最大級のハート型塩のモニュメント!地下に眠る雪の華の鍾乳洞「ネモコン岩塩坑道」

コロンビアは敬虔なカトリック教徒が多く、坑道内には教会も設置されています。岩塩の白とライトアップの青の光が異様なムードを醸し出し、神聖さを通り越して少しホラーだと感じる部分も…。聖母マリア像も至るところに設置されています。

十字架にかけられたキリスト、塩の教会にてPhoto Credit : Mayumi Kawai 「世界最大級のハート型塩のモニュメント!地下に眠る雪の華の鍾乳洞「ネモコン岩塩坑道」

おわりに

大量に染み出る地下水の影響で塩の結晶化のスピードが激しく、また水没するエリアや岩盤がもろくなっているエリアも増えているそうです。
観光ストップがかかる前に、ぜひ訪れてみてください。

ライター:Mayumi

Compathyでコロンビアの旅行記・旅行情報を見る

*Natsumi Daizen「カラフルすぎて目がチカチカ。地元の人も知らないメルヘンで景色最高秘境の町、Guatape(グアタペ)へ行ってみた
*Takuo Shikata「「塩」の教会 シパキラ・コロンビア

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP