ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

訪日外国人が大人買いする「クールジャパン玩具」の最先端

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 6月11、12日に一般公開されている「東京おもちゃショー2016」(東京ビッグサイト/江東区)。いまや、おもちゃもハイテク化が目覚ましく、今年の最先端トレンドは「VR(仮想現実)」、「AR(拡張現実)」が体験できる玩具だという。

 スマホと連動させてバーチャルな宇宙空間を自由に移動できるものや、お絵かきした絵が動き出すタブレッド型の知育玩具など、思わず大人も目が釘付けになる各社の一押し玩具がズラリと勢揃いしている。

 そんな中、当サイトが注目したのは、年々増え続ける訪日外国人客に人気の、いわゆる“クールジャパン玩具”だ。

 プチサンプルと呼ばれるミニチュアフィギュア(1種類350~600円)を数多く発売し、子供から50代以上のシニア層まで根強いコレクターを掴んでいるリーメント。フィギュアといってもキャラクター商品ばかりではない。井戸、縁側、流し台など昔懐かしい古民家をイメージしたものや、小学校の教室をテーマにした情緒溢れるミニチュアまで幅広い。

 そして、最近では外国人が“大人買い”する姿も目立つという。

「喫茶店や回転寿司をモチーフにした日本っぽい食べ物のミニチュアもあるので、外国人の方々も多く購入されています」(リーメント・開発本部の担当者)

 ちなみに、7月に発売される新シリーズの中には、日立製作所とコラボした「日立のなつかし昭和家電」もある。カラーテレビ1号機、ペダル式冷蔵庫、自動電気釜などのフィギュアがあり、「レトロブームに加え、実際にその時代を生きた団塊の世代以上の関心度も高いはず」(前出の担当者)と期待を寄せる。

 超ミニサイズの「ナノブロック」を累計2500万個以上販売してきたカワダ工業は、2014年から紙で対象物を精密に再現したクラフトモデル(540円~1706円)シリーズを発売し、こちらも累計50万個以上を売るヒット商品になっている。やはり外国人に人気なのは“日本の情景”を模したペーパークラフトだ。

「このシリーズには姫路城や金閣寺(京都)、雷門といった建物のほか、甲冑を着た真田幸村など歴史上の人物もあります。日本を象徴するお土産として自国に持ち帰る外国人は多いですね。組み立て式なので荷物のスペースを取りませんし、出来上がったら家のインテリアとしても飾れます」(カワダ工業・販促企画課の担当者)

 紙ではなく薄い金属で作ったメタリックナノパズルを販売しているのはテンヨー。パーツをはずして組み合わせれば立体オブジェが簡単に出来上がる。

 累計販売250万個を突破した同シリーズの中でも売れ筋は“日本の誇り”と銘打ったメタモデル(1500円前後が主流)。カワダ工業同様、五重塔や有名城、歴史上の人物のほか、今後は新幹線や寝台特急、護衛艦やヘリコプターなどの自衛隊シリーズも登場させる予定だ。

「都内の大きな玩具店では、外国人の注目度が高い。9月に発売予定の通天閣(大阪)は広告や企業ロゴまで忠実に再現するなど、本格的かつ精巧なつくりには自信を持っています」(テンヨー・開発担当者)

 箸で豆を掴んで皿移動させる『マナー豆』がロングセラーになっているアイアップでは、ブロックを崩さないように積み重ねていくパーティーゲームの定番商品をアレンジしている。

 その名も「OH!寿司ゲーム」(3280円)。ブロックが寿司ネタになっているだけではない。各ブロックにはフタがついていて、中にはワサビならぬ罰ゲームが書かれた紙が入っているなど10種類の遊び方ができるという。そして、外国人がそそられる要素も満載だ。

「お皿や箸がついているので、遊びながら箸の持ち方の練習にもなると外国人の方々に好評です。説明書は裏面が英語版になっていますし、主要空港でも売っているので訪日時に購入される人が増えています」(アイアップ・商品企画部の担当者)

 その他、東京ゲームショーでは、世界中で人気の盆栽をプラモデルにした商品(2700円/プラッツ)や、アニメ『ワンピース』の登場人物がお江戸の世界で働いていたら? との設定で、新たにデザインしたキャラを配した和紙ノート、一筆箋、風呂敷(ショウワノート)など、日本らしい商品が数多く紹介されている。

 これら「クールジャパン戦略」がおもちゃ業界の市場成長にどんなインパクトを与えるのか。ハイテク系玩具にはないソフト面での新発想に期待したいところだ。

【関連記事】
訪日外国人向けサイトの利用者が選定 日本百景を紹介した本
亀田製菓の煎餅「ソフトサラダ」 外国人の日本土産の定番に
富士そばに外国人観光客殺到 人気の理由に意外な事実判明

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP