ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ケチ男 回転寿司で「110円皿限定な!」と家族に指導

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 政治資金の不正使用疑惑に揺れる舛添要一・東京都知事。お金の使い方に対しては、「ケチ」「セコイ」と厳しい声があがっている。しかし、ケチなのは都知事だけではない。巷には笑えないようなセコイ男もいるのだ。

 10年以上の友人だった彼と結婚して1年が経った内田早紀さん(仮名、41才)は、複雑な新婚生活を送っていた。

「つきあいが長かったんですが、彼がこんなにもきっちりしている性格だとは思いませんでした。スーパーや薬局、レンタルビデオ店に家電量販店、飲食店、クリーニング店などありとあらゆる店のポイントカードを持っている。私はズボラなので、せっせとポイントをためている彼を“ちっちゃいおっさんだな”ってバカにしてて。だって私がコンビニで自分の飲み物を買うときにも、さっと提携先のカードを出してくるくらいなんですから(苦笑)。

 先日、お気に入りのパンプスのソールの修理を出したとき、その店のポイントカードを出してきました。ちょうど満杯のがあったようで、“ほら、これでタダだぜ”って。そのときの誇らしげな顔ったら…。ありがたいといえばありがたいのかもしれないけど、このやり場のない気持ちはなんなんでしょうかね(苦笑)」

 田波和子さん(仮名、53才)夫、洋二さん(仮名、55才)の口癖は、「いくらした?」「高い」「値切れない?」。

「しかもその額が小さいのよ。回転寿司に行くと“一皿110円限定だからな”と必ず言う。そのくせ、羽振りのいい私の弟が一緒だと、当たり前のような顔をして一皿500円に手を出すの。それで支払いの直前に、ささ~っとトイレに消える。そのタイミングのよさといったら、弟夫婦が苦笑しているわよ。そしてわが夫ながら最低だわって思うのは、弟夫婦と別れた後、私に“いくらした?”と聞くこと。そして決まって言うのが“ふ~ん、安かったな”って」

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
石原慎太郎議員 国会召集日の手続きに必要な名刺を忘れていた
中野美奈子アナ 私服ではタイトな膝上丈のスカートで攻める
人間以外で唯一あえぐアカホエザル 絶頂時「ホォ~」と絶叫

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP