ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第2のおディーン様!? 韓国からの逆輸入俳優・大谷亮平

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「うわぁ、懐かしい! ここ、モデル時代に初めて撮影した場所なんですよ!」。感慨深そうにスタジオに現れたのは、俳優の大谷亮平(35才)。福山雅治主演の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)に、音楽プロデューサー役で出演。竹野内豊に似た男前なルックスで、世の女性たちをザワつかせている。

「光栄です。祖母がたまに勘違いして竹野内さんの記事を切り抜いていたり(笑い)、韓国でもよく間違われることがあるんです」

 モデルとして日本でキャリアをスタートしたが、2003年に韓国でCMに出演したことから、韓国へ渡って俳優として活動、人気者となった。韓流作品を通じて日本にもファンが多く、今年4月から日本での俳優活動を開始した“逆輸入俳優”の1人。そして、待望のお披露目が月9ドラマに。

「福山さんなど、自分が幼い頃から活躍されていたかたはぼくにとってスター。日本での活動はずっと願ってきたことなので、気合は充分です。韓国では評価してもらえたとしても、日本人ということでどうしても、役柄が限定されてしまいますから」

 今後はハートウオーミングな家族の物語にも、挑戦してみたいのだという。

「家族ものに弱いんです。あったかい物語が好き。娘を守る父親の役なんかに憧れます」

 逆輸入俳優といえば、最近ではおディーン様。あちらは国際結婚して2児の父だが、父親役に憧れる大谷の将来は果たして…。

「ぼくは日本女性、とても素敵だと思います。ほんわかした感じの女性が好きですね」

 とのこと。日本女性のみなさん、朗報です。

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
韓国芸能人「独島は韓国のもの」発言は非国民扱い回避のため
一部の韓国人 イギリス人もキリストも韓国が起源と主張する
韓国で舌の切除手術がブーム 英語の発音が良くなると評判に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP