ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto Z / Z Forceのハンズオン動画

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今朝米国で発表された Motorola の新フラッグシップ「Moto Z」「Moto Z Force」のハンズオン動画が海外の WEB サイト The Verge で公開されました。Moto Z / Z Force は 5.5 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルの AMOELD ディスプレイや Snapdragon 820 クアッドコアプロセッサ、4GB RAM、OIS やレーザー AF をサポートした 1,300 万画素カメラ / 2,100 万画素カメラなどを搭載したハイエンドモデルです。昨年の第 3 世代 Moto X(Style / Play / Force)の後継モデルと言えますが、ネーミングが Moto Z に変わって内容も一新しています。この日発表されたのは Moto Z と Moto Z Force の 2 機種で、米 Verizon には「Droid Edition」として投入されます。基本的にはグローバルモデルと Droid Edition は共通のハードウェアを採用しており、ブランドに若干の変化が見られます。Moto X から大きく変わったのは筐体のデザインです。どちらも薄型スマートフォンなのですが、Moto Z にいたっては 5.2mm と極細だと言えます。間違いなく歴代の Motorola スマートフォンの中では最薄です。Moto Z Force はバッテリー容量が 2,600mAh → 3,500mAh に増えているので厚みも増していますが、それでも 6.99mm とスリム。また、既存の Motorola スマートフォンは手にフィットするラウンドフォルムとシンプルな外観が外観上の特徴となっていましたが、Moto Z はほぼフラット。前面には指紋リーダーが、下部には USB Type-C コネクタが搭載されました。動画の後半では Moto Z シリーズの最大の特徴だと言える拡張モジュール「Moto Mods」のラインアップや使い方が紹介されています。モジュールはスマートフォンカバーのような形状なのですが、マグネットで固定する仕組みなので、意外と使いやすそうです。Source : The Verge

■関連記事
Android版Viberにバックアップ/リストア機能が追加、GIFアニメをサポート
NVIDIA SHIELD、OTA 3.2アップデートでPlexメディアサーバ機能が追加
ASUS Japan、11.6インチ「Chromebook C201PA」と法人・教育機関向け13.3インチ「ASUS Chromebook C300SA」を国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP