ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラーキャベ?ダイエット中に食べても罪悪感を感じないラーメンが赤坂にあった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

f:id:Meshi2_IB:20160404110554j:plain

麺がキャベツでできているラーメン

『メシ通』読者のみなさま、ラーメンは好きですか?

わたしは毎日食べてもいいくらい、大好きです。けれど、ラーメンといえば太るんじゃないかって心配しちゃいますよね。スープのカロリーはもちろんのこと、麺も糖質が。体重計も気になるし、なるべく控えたほうがいいのかな……と思いつつも、やっぱり食べたい。

そんなニーズに応えてか、最近まで「博多一風堂」では、店舗・期間限定で麺の代わりに豆腐を使った「白丸とんこつ百年豆腐」というメニューを提供し、一部のラーメンファンの間では話題になっていました。

でも、実は東京にはもう一店舗、糖質オフのヘルシーラーメンを出しているお店があるそうなんです。いったい何を使ったラーメンなのか、さっそく食べに行ってきました!

f:id:Meshi2_IB:20160404110543j:plain

千代田線の赤坂駅を降りて200メートルほどのところに、目的のお店はありました。

派手な旗が目立つこのお店、福岡にある人気ラーメンを本店に持つ「秀ちゃんラーメン」です。現社長の河原秀登氏の先代が、昭和38年に福岡で創業した博多豚骨ラーメンの店「博多だるま」がおおもと。その味をついだ河原氏が「伝統と革新」をコンセプトにオープンしたのが、「秀ちゃんラーメン」。そのイノベーティブスピリットが宿ったラーメンは、いったいどんなものなのでしょうか。

f:id:Meshi2_IB:20160404110544j:plain

その答えは店頭の看板にありました。

なんと、麺の代わりにキャベツがたっぷり200g(大盛りにすると250g)も入っている、その名も「ラーキャベ」です。

f:id:Meshi2_IB:20160404110553j:plain

さっそく店内へ。カフェ風のオシャレなインテリアで女性ひとりでも入り易い雰囲気です。

f:id:Meshi2_IB:20160404110546j:plain

グループにうれしいテーブル席も。ドリンクメニューやおつまみも豊富なので、居酒屋さん的な利用にも勝手がよさそう。

f:id:Meshi2_IB:20160404110556j:plain

目的のラーキャベ(500円)をオーダー。ワンコインで食べられるのはうれしい。

店内の壁には福岡の本店を訪れた芸能人のサインも。本場・福岡でも人気の味を東京で食べられるだなんて、期待が高まります。

f:id:Meshi2_IB:20160404110550j:plain

待つことすぐ。やってまいりました。こちらが「ラーキャベ」。どこからどう見ても普通のラーメンのように見えますが……。

f:id:Meshi2_IB:20160404110551j:plain

麺をすくってみると……本当にキャベツ。

しかもキャベツがちゃんと細長い!

そして、気になるお味はというと、東京では珍しいくらいに、豚骨の濃厚な匂いがガツンと来ます。あらかじめ振りかけられた多めの胡椒が、甘い脂の味とマッチして美味しい。スープの味がしっかり強いので、麺がキャベツでも物足りなさがまったく感じられません。最初はキャベツのシャキシャキ感が楽しめ、後半になるとしっとりとした食感と甘みが味わえる。豚骨スープと生キャベツ、相性バッチリです。

f:id:Meshi2_IB:20160404110554j:plain

トッピングを加えると、さらに満足度がアップ。人気トッピング第一位の煮玉子(100円)に加え、ワンタン5個(210円)を追加しました。はい、皮に糖質が含まれてますが、普通のラーメンにトッピングすることを考えたら、これだけ乗せてもまだまだヘルシー!

f:id:Meshi2_IB:20160404110555j:plain

煮玉子はしっかり味がついていて、黄身は半熟トロトロの絶品。ワンタンの中には肉がギッシリ。これは食べでがありますぞ。

しかし、なぜ「ラーキャベ」を考えついたのか。赤坂店の店長、鈴木さんに聞きました。

f:id:Meshi2_IB:20160404110547j:plain

――そもそもの開発のキッカケは?

もともとは、うちの社長がまかないとして、食べていたんです。それで、最近のヘルシー志向もあるし、「商品化したらいいんじゃないか」ということで、発売に至りました。

――最初から「キャベツ」と決め打ちで。

いや、レタスを入れたり、キャベツとレタスを半々にしたりと、試行錯誤した結果、キャベツオンリーが一番美味しいという話になりました。工夫としては、丸ごとのキャベツを真ん中で割って切って、なるべく一本一本が、麺のように長くなるようにしています。

――確かに、キャベツは千切り状を想像していたので、すすれるくらい長くて驚きました。ちなみに人気の程はいかがですか?

最近はメディアに紹介されたりするので、わざわざ足を運んでくださる方が増えています。主食ではなく、具だくさんのスープとして見れば、おかずにもなるので、ご飯ものと一緒に頼む方も結構います。

――なるほど! そういった食べ方も出来るわけですね。ちなみに、トッピングも可能とのことですが、替玉って出来るんでしょうか。

食べ終わった後に麺を入れることですか? できますよ。最近始めました。

f:id:Meshi2_IB:20160404110552j:plain

というわけで、替玉(150円、赤坂店はランチタイムサービス100円)を追加しました。

f:id:Meshi2_IB:20160404110548j:plain

麺は、硬めの茹で具合で、これまた本場感がある。ネギも追加でついてきます。紅ショウガやニンニク、胡麻はお好みで、と美味しくてついつい食べ過ぎましたが、いいんです、だって胃腸にいいと言われるキャベツをたっぷり食べたんだから、麺もすぐに消化してくれるはず……。

f:id:Meshi2_IB:20160404110549j:plain

キャベツゆえ胃にもたれないので、飲んだ後の〆にもピッタリではないでしょうか。

※ 金額はすべて消費税込です。

お店情報

秀ちゃんラーメン赤坂

住所:東京都港区赤坂2-17-58 福住ビル1F

電話番号:03-5545-9488

営業時間:月曜日~水曜日11:30~23:00(LO 22:30)、木曜日、金曜日11:30~翌1:00(LO 24:30) ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可

定休日:土曜日・日曜日・祝日・年末年始・お盆

ウェブサイト:http://ra-hide.com/

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

f:id:Meshi2_IB:20160411202247j:plain

書いた人:

天川めお

主にフード系の記事を書くライター。残りの人生の寿命を考えたら、まずいものは一口たりとも食べたくない煩型(うるさがた)。食に求めるのはトキメキです。

関連記事リンク(外部サイト)

ピン芸人・ぶらっくさむらい(本名:武内剛)、人生初のアフリカ料理を喰らう!
物流技術が起こした奇跡。九州に生息する珍魚・ムツゴロウに、赤坂で会える!
史上初600試合連続救援登板の“鉄人左腕”が腕によりをかける豚焼専門店!『焼きゅう豚 繁』店主 藤田宗一さん【男の野球メシ#03】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。