体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーキャベ?ダイエット中に食べても罪悪感を感じないラーメンが赤坂にあった!

f:id:Meshi2_IB:20160404110554j:plain

麺がキャベツでできているラーメン

『メシ通』読者のみなさま、ラーメンは好きですか?

わたしは毎日食べてもいいくらい、大好きです。けれど、ラーメンといえば太るんじゃないかって心配しちゃいますよね。スープのカロリーはもちろんのこと、麺も糖質が。体重計も気になるし、なるべく控えたほうがいいのかな……と思いつつも、やっぱり食べたい。

そんなニーズに応えてか、最近まで「博多一風堂」では、店舗・期間限定で麺の代わりに豆腐を使った「白丸とんこつ百年豆腐」というメニューを提供し、一部のラーメンファンの間では話題になっていました。

でも、実は東京にはもう一店舗、糖質オフのヘルシーラーメンを出しているお店があるそうなんです。いったい何を使ったラーメンなのか、さっそく食べに行ってきました!

f:id:Meshi2_IB:20160404110543j:plain

千代田線の赤坂駅を降りて200メートルほどのところに、目的のお店はありました。

派手な旗が目立つこのお店、福岡にある人気ラーメンを本店に持つ「秀ちゃんラーメン」です。現社長の河原秀登氏の先代が、昭和38年に福岡で創業した博多豚骨ラーメンの店「博多だるま」がおおもと。その味をついだ河原氏が「伝統と革新」をコンセプトにオープンしたのが、「秀ちゃんラーメン」。そのイノベーティブスピリットが宿ったラーメンは、いったいどんなものなのでしょうか。

f:id:Meshi2_IB:20160404110544j:plain

その答えは店頭の看板にありました。

なんと、麺の代わりにキャベツがたっぷり200g(大盛りにすると250g)も入っている、その名も「ラーキャベ」です。

f:id:Meshi2_IB:20160404110553j:plain

さっそく店内へ。カフェ風のオシャレなインテリアで女性ひとりでも入り易い雰囲気です。

f:id:Meshi2_IB:20160404110546j:plain

グループにうれしいテーブル席も。ドリンクメニューやおつまみも豊富なので、居酒屋さん的な利用にも勝手がよさそう。

f:id:Meshi2_IB:20160404110556j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。