ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スティーヴン・タイラー、初のソロアルバム「サムバディ・フロム・サムウェア」を7/15リリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アメリカン・ロック史上最強のバンド、エアロスミスのヴォーカリストとしてワン・アンド・オンリーの強烈なる個性を誇る天才=スティーヴン・タイラーが、キャリア初のソロ・アルバム「サムバディ・フロム・サムウェア」を7月15日にリリースする。

このソロ・プロジェクトのためにテイラー・スウィフトなどを擁するカントリー・ミュージックを中心とした一大勢力であるレコード会社『BIG MACHINE』の傘下にあるレーベル『Dot Records』と契約し、ビルボードCountry Streaming Songs チャートで1位を獲得した「ラヴ・イズ・ユア・ネーム」他2曲を先行配信リリースした。

スティーヴン・タイラーは2015年1月からナッシュヴィルに滞在し、現地のミュージシャンやソングライター達と交流を深めて音楽制作。スティーヴン・タイラーと、T・ボーン・バーネット(グラミー賞13回受賞)、ダン・ハフ(カントリー界を代表するプロデューサー)、マーティ・フレデリクセン(エアロスミス他を手掛ける)、ジャレン・ジョンストン(カントリー・ロック・バンドのメンバー)がプロデューサーに名を連ねる強力作だ。

本作についてスティーヴンは「“Music City”の優れたソングライターたちと書いた最高の曲の数々を、世界に届けることができる。カントリー・ミュージックは新しいロックンロールだ。家のポーチや犬やブーツのことだけじゃない、もっとそれ以上のこと、リアルであることだ。そして、このアルバムを理解すること以上にリアルなことはない」と話している。

このアルバムを引っ提げ、スティーヴン・タイラーは7月2日から全米19都市でソロ・ツアー”STEVEN TYLER’S OUT ON A LIMB”を行う。ソロ・アルバムの曲とこれまでの数々のヒット曲を聴けるだけでなく、数万人を収容するスタジアムではない数千人のシアター・サイズの会場で、スティーヴン・タイラーのライヴを見るという、ファンにとっては非常に貴重な機会となる。

「ラヴ・イズ・ユア・ネーム」

リリース情報

「サムバディ・フロム・サムウェア」
2016年7月15日発売
UICU-1277 2,600円(税抜)

関連リンク

ソニーミュージック エアロスミス オフィシャルサイト:http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/Aerosmith/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP