ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日1食生活 三枝成彰氏は30年、ドクター中松氏は46年

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨今タモリ(70)やビートたけし(69)も実践していると評判の「1日1食生活」。作曲家の三枝成彰氏(73)は1日1食生活を始めて30年になる。『無敵の「1日1食」 疲れ知らずで頭が冴える!』(SBクリエイティブ刊)という著書を出版するほどのベテランだ。

「1年365日ほとんどが外食だったので、どうしても食べすぎてしまう。そこで、朝と昼を抜いて夕飯を美味しく食べることを習慣化しました。それが体にいいとは思っていなかったんですが、やってみると頭が冴えて、仕事の効率は3倍よくなった。現在の1日の睡眠時間は6時間で、ほとんど休みなく働いています。でも、どこも悪いところはありません」(三枝氏)

 そんな三枝氏よりも長く1日1食生活を続けているのが、発明家のドクター・中松氏(87)だ。46年前からの「1日1食の元祖」を自任している。

「42歳のときから1日1食を続けています。毎日の食事を全部写真に撮り、自分の血液の状態を分析し、『1日1食なら144歳まで生きる』という論文をハーバード大学に提出。その論文でイグノーベル賞(人を笑わせるようなユニークな研究に対して贈られる賞)の栄養学賞を受賞しました。だから1日1食は僕がオリジナルなんです。

 2年前に(前立腺)導管がんという治療法のないがんに罹りましたが、僕は治療法を発明するチャンスを天が与えてくれたと感謝して、『DNT』(ドクター・中松セラピーの略)という治療法を発明しました。医師は僕の余命を2年と宣言したので、昨年12月31日に寿命が来るはずだった。でも、がん治療用にさらに改良した『スーパー1日1食法』で、がんにも効果があることが分かったんです」(ドクター・中松氏)

 同じ1日1食でも、白米やパスタは食べずに発芽玄米や十割蕎麦を食べたり、味付けに塩、砂糖を使わないといった“改良”が加えられているという。

 一方で、1日1食の危険性を指摘する声があるのも事実だ。管理栄養士の星屋英治氏がいう。

「成人男性に必要な1日のエネルギー量は2300~2600キロカロリーですが、それを一度に摂取するのは難しい。3分の1ずつに分け、『1日3食』の形で摂るのが理想的です。きちんと栄養バランスの取れた1日1食を実践できる人はいいかもしれませんが、ほとんどの人には難しい。その結果、栄養失調に陥り、体力・免疫力不足になってしまう危険性があります」

 テレビ番組『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)でもお馴染みの、秋津医院院長・秋津壽男氏も同意見だ。

「1日1食を続けていれば痩せることは痩せますが、それ以上に健康を害する可能性が高くなる。また、どうしても1回の食事量が増えるので、胃や腸への負担が大きくなり、消化吸収不良などが心配されるほか、逆流性食道炎や食道がんなどの発症率を高める恐れもあると考えられます」

 賛否両論ある1日1食生活。自分に向いているかどうかは、栄養やカロリーなど健康面だけでなく、「3食コンスタントに食べたい」か「1食を贅沢に楽しみたい」かという、価値観の違いも影響しそうである。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
「塩辛い食べ物が好きで毎日2合以上飲酒」でがんリスク増加
「食とがんの関連は明らか。リスク下げる食生活を」と専門医
がんなどの死亡率が高い秋田 「塩分摂取」「井戸水」も要因か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP