ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

こだわり抜いたソースの味「黒毛和牛のハンバーグ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

6月9日放送の「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系、午後19時00分~)では、日本全国各地にある行列店の即日完売グルメを巡り、U字工事の福田薫さんと益子卓郎さんの2人が「UCHOUTEN(ウチョウテン)」(東京都豊島区)を訪れた。

同店は素材や作り方にこだわった洋食が味わえるお店。2人がここでいただくのは中でも人気のメニューだという「黒毛和牛のハンバーグ」だ。
U字工事の2人はまずキッチンにお邪魔することに。ハンバーグに使うお肉はA5ランクの黒毛和牛と、ブランド豚のお肉の2種類。牛肉だけだと味に角が立つところを、豚肉をまぜることでやわらくなるのだという。隠し味に生クリームを加えてこねれば種の完成だ。
だがこのメニューの真価はソースにこそある。素材を入れて7時間じっくりと煮込み、それをこしてさらに煮込み、さらにそこに牛テールのスープを足すというこだわりの一品。全工程を足すとソースを作るのに15時間もかかるのだという。

こだわり抜いたハンバーグをいざ実食。割り箸でお肉を割ると中からじゅわっと肉汁があふれ出る。福田薫さんがハンバーグの切れ端をぱくりと食べると「うぅん~! うまい! 肉の旨さがスゴイ旨い! うまさが脳天に突き刺さってる感じ!」とコメント。つづいた益子卓郎さんも「肉の旨味がすごいね。肉が圧倒的だこれ、スゲェ!」と感嘆。こだわりのソースについても「少し甘みがあって、酸味もある感じで、コクはあるんだけど肉を邪魔しないね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:UCHOUTEN(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:池袋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:池袋×洋食・西洋料理のお店一覧
中華料理店で味わうバター豊かなパン
父の日にオススメのホテルブッフェ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP