体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通秋葉原制覇】秋葉原で一番人気の”焼き鳥”を食べてみた @『四文屋』

simonya016_R

ガジェット通信がお送りする“ガジェ通秋葉原制覇”ですが、何気に今まではノンアルコールで進めて参りました。

しかし!

秋葉原制覇ということは、アルコールを提供する店も含めてレビューしなければ片手落ちかと存じます。

むしろ!

秋葉原ならメイド喫茶やメイド居酒屋も積極的に取材すべきではないでしょうか?(取材依頼受け付け中)

というわけで、さりげなく筆者(YELLOW)が秋葉原のナイスな居酒屋さんを紹介してみましょう。これを皮切りに昼間だけではなく、夜の秋葉原も(略

非常に気になる『村役場』&『町役場』

simonya023_R

マニアックな方が色々な意味で楽しめる可能性があると思うので、個人的に超気になっている『村役場』と『町役場』に行ってみました。

が、軽く定休日だったらしく、どちらの店にも入れなかったというオチで御座います……。

しかし!

例え下調べなしでも“美味しい店”を探し出す能力はあるので、それとなく秋葉原周辺を徘徊してターゲットを探してみました。

すると、どうでしょう?

確実にキテいる感のある渋い店『四文屋』を発見した次第です。

サラリーマンの聖地『四文屋』に行ってみた

simonya001_R

まず店名が読めない的な何かですが、普通に“しもんや”と発音するらしいです。

とりあえず秋葉原界隈では人気のある居酒屋(焼き鳥屋)でして、夕方になると常に満席になる名店で御座います。

ちなみに筆者、自分で鶏肉をキロ単位で購入し串を打つレベルの“焼き鳥マニア”であり、焼き鳥に関しては小一時間は語れる自信があります。

『四文屋』では、まず『もつ煮込み』を攻めろ!

simonya014_R

まだ17時前だというのに、すでに『四文屋』は満席になっていました。

どうにかカウンターに案内されると、その陣地の狭さに目が点になります……。

まあ、この手の店は初めてじゃないどころか、むしろホームグラウンドみたいなモノですが、やはり陣地が少ないと脇を締めて酒を飲まなければならないので、好き嫌いが分かれる案件かと存じます。

simonya003_R

飲み物をオーダーすると同時に『もつ煮込み』(350円)をオーダーします。

店にもよりますが、焼き物(焼き鳥)は時間が掛かる事が多々あるので、すぐに出て来る一品料理をアルコールを一緒に注文するのがセオリーで御座います。

通常、最初の一品は何を頼むか悩むところですが、この『四文屋』に関しては迷いなしで『もつ煮込み』をオーダーすれば問題ありません。

simonya021_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。