ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魚を買う日は「肉の日」? その理由とは…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜ー木曜22時からの番組「AVALON」。今週の番組のテーマは「禁断のVSシリーズ!」。6月8日のオンエアで、満島真之介率いる「FREEDOM MAX」にプレジデントから与えられたお題は、食に関する究極の選択「肉vs魚」! ちなみに満島は肉派、秘書役のセリナは魚派を宣言してスタートしました。

そして今回は“肉”と“魚”のそれぞれの魅力について熱く語ってくれるゲストが登場。肉派代表には、ハイキングウォーキングの鈴木Q太郎さん、そして魚代表には、さかな芸人のハットリさんです。

Q太郎さんは登場してさっそく、おなじみのネタ“Mr.スズキックスのスーパーイリュージョンショー”を披露。コーラを一気してゲップを一度もせず、肉の部位29種類を言い切るというもの。その結果は…言わなくてもおわかりだと思いますが、失敗していました(笑)。それに対抗して、さかな芸人のハットリさんは“60秒以内にアジを3枚におろす”というラジオでは全く伝わらない技を披露(笑)。ですが結果は見事成功!

ちなみにQ太郎さんは鶏を部位ごとに切り分け、それぞれにぴったりの料理を作ることができるそうです。

前置きはさておき、それぞれに“肉”と“魚”の魅力を語っていただきました。まずは、Q太郎さん。肉派になったきっかけとは何だったのでしょうか。

「高校を卒業して、芸人になる前、スーパーマーケットに就職したんですよ。そこで配属されたのが精肉部で。お客様にお肉を提供するためには、味を知らなきゃ説明できませんから、どんどんおいしいお肉をいただきまして、どんどん肉の魅力に惹かれていきました」(Q太郎さん)。

一方ハットリさんは、小さい頃にお父さんに釣りに連れて行ってもらったことからハマり、大学生のときにはスキューバダイビングを始め、日本魚検定の1級も持っているそうです。さらに、「釣った魚以外は食べない!」という、バラエティ番組でよくある“サバイバル生活”を自主的に行ったり、「東京湾で魚を100種類釣るまで終わらない」という企画を自主的に3ヵ月かけて成功させたりしたそうです。

「ただ、お米食べてないんで、体重が13キロ落ちました。魚はヘルシーですけど、やりすぎると良くないですね…」(ハットリさん)

続いては、「相手の弱点を突くプレゼン」を制限時間30秒ずつで行ってもらいました。

先攻は肉派のQ太郎さん。「骨が喉に引っかかる」「日持ちしない」「生臭い」など攻めていき、最後に「旬があるので、食べたいときに食べれない!」という弱点(?)を突くと、ハットリさんは「旬を大事に、僕ら日本人は魚をずっと食べてきたんです。季節のものをちゃんといただくという日本人の心が出ているんです! それこそ卑弥呼さまの時代から!」と熱く反論(笑)。

そして、ハットリさんのプレゼンは「魚は目の前で捌けるから、食育に良い。我々魚派は本当の意味での“いただきます”“ごちそうさま”を言えるんです!」とのこと。

さらに、肉派のQ太郎さんが一気に差をつけるべく出した特技が「きき肉」。見ただけでその肉の部位を答えることができるそうです。ということで、4種類の部位当てに挑戦してもらったのですが、その結果…なんとまさかの全問不正解! 「肉派の皆さん! 完敗です! っていうか、なんで来た!?」と満島も大ブーイング(笑)。

ちなみに、満島は知人の魚屋さんに聞いたという「魚を買う日のポイント」を披露しました。

それは“肉(2と9がつく)の日”。「肉の特売日だとか、肉のいい部位ありますよ、っていう日に魚のコーナーってあんまり行かないじゃないですか」と満島。ですが、その日は魚コーナーの店員さんが、負けないようにととても良い魚を揃えるそうです。みなさんも、魚を買う日はあえて“肉の日”を試してみてください!

そんなこんなを踏まえて、最終的なリスナーのみなさんの意見は、肉と魚が見事に真っ二つに分かれる5:5という結果に。今回、Q太郎さんが肉派代表でなければ、肉派が勝っていたかもしれませんね(笑)。あなたは肉派ですか? それとも魚派ですか?

【関連サイト】

「AVALON」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

満島真之介も驚愕 「空想地図研究家」とは(2016年04月14日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1383.html

「やだ、ステーキ肉がミルフィーユ状に……」とろけるチーズの絶品サンドイッチ
(2016年04月08日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1340.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。