ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スタートする18歳選挙権、教育現場の悩みとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「PLEASURE PICK UP !」。6月9日のオンエアでは、“若者と政治をつなぐ”をコンセプトに活動しているNPO法人「Youth Create」代表の原田謙介さんが電話で登場しました。

今月からいよいよ施行される「18歳選挙権」ですが、若者は政治に対してどのように感じているのでしょうか?

「自分たちが政治に関わらなくてはならない、という思いは強くなっているように感じるのですが、彼らは大人よりも真正面から政治を捉えているようで、選挙のときであれば、立候補者が何を言っているのか知りたいと思っているようです」(原田さん)

一方で、政党や政治家の発信の仕方や内容には、まだまだ工夫が必要だと原田さんは語ります。変に若者を子ども扱いするのではなく、真正面から政治への“熱い想い”を伝えることが何よりも大事だということです。

「18歳選挙権」が施行された初の選挙に向けて、高校での出張授業も行っている原田さん。教育現場では、選挙や政治を教えることについて、問題も多いそうです。

というのも、日本の学校では先生が「自分はここの政党を気に入っている」など、自身が支持する政党を、授業で表明することが禁止されています。その中で、どのような方法で中立な立場で政治について教育すれば良いのか、対応に悩まされている先生も多いと原田さんは話します。

参院選の公示は、6月22日。投開票は7月10日です。18歳、19歳の若い票が加わり、日本の政治が少しでも活発で良いものになることを願っています。

原田さんには公示前、来週6月16日にも若者と政治についてお聞きします。また、別所が代表を務める「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2016」が開催中ということで、来週の「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」では別所自身がムービー・コンシェルジュとなってリスナーへのおすすめをセレクトします!

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

水曜日のカンパネラ・コムアイ×鈴木哲夫、「18歳選挙」に物申す(2016年03月14日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/03/-18.html

「公文書」への意識が遅れる日本の事情(2016年04月17日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1396.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP