ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ソウル最新レポ】 ショッピングの中心・明洞 いまや中国人が占拠

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ソウルでショッピングの中心地、明洞(ミョンドン)。
韓流プチプラコスメ店が並ぶ大通りのストリートを歩くと、「シートパック安いよ!」「おまけたくさんあげるよ!」といった、客引きの店員たちによる日本語が飛び交う光景が、かつては定番でした。いったん店内に入ると、日本語での商品表示、日本語での接客なんて当たり前。韓流ブームとともに日本人が大挙して押し寄せたのもあって、日本語併記化が次々と進み、接客のしつこさにややウンザリしつつも、ハングルがいまだ意味不明な身としては、ありがたい限りでした。
その明洞が最近、中国人だらけという噂。そして、今年の旧正月に明洞を実際に訪れてみて、まさにその様子を目の当たりにしました。
大通りには、観光客がたくさん。そのほとんどが明らかに中国人で、日本人は皆無です。飛び交う言語も、中国語ばかり、接客や広告も中国語がよく目につきます。韓流ブームの名残で、日本語もちらほらと見かけましたが、とにかく日本人がほとんどおらず、見渡す限りで中国人ばかり。

極め付けは、大通りの入口にあった「銀聯カード」のブース。日本でも、“爆買い”中国人がこのカードを使って買い物をすることでおなじみですが、さすがに日本ほどの買い物はしていなかったようではあるものの、特設ブースが設けられているあたり、相当に多いのでしょう。中国人歓迎をPRしてか、パンダの着ぐるみやイラストもよく見かけました。
かつては日本人、そして今では中国人。海の向こうでも、中国人の勢いはとどまることを知らないのを実感させられました。
(Written by AS)

【Nicheee!編集部のイチオシ】
【ソウル最新レポ】見た目が強烈なレインボーケーキを食べてみたら・・・
中国、台湾の訪日客が殺到!「ちびまる子ちゃんランド」大人気の理由
日本と違う! 外国人観光客の「カメラ」事情

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP