体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

de:codeで登壇者に伝えた、プレゼンを成功に導く5つのポイント──澤流プレゼンレビュー法

「de:code 2016」134セッションの中でトップスコア

2016年5月23~24日の二日間、日本マイクロソフト最大の開発者向けカンファレンスである「de:code 2016」が開催されました。

おかげさまで大盛況のうちに幕を閉じることができました。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

澤もスピーカーとして二日目の最終セッションに登壇させていただきました。

▲【講演レポート】Microsoft澤円氏が語った「クラウド心配性な上司を説得するコツ」とは?

そして、大変うれしいことに参加者アンケートの総合点数で、134セッションの中でトップのスコアをいただくことができました!

参加いただいた皆様に心から感謝です!(プレゼンの連載を持ってるのに「中の下くらいの成績でした~」なんてのはシャレにならないので…)

さて、そんな嬉しい結果に終わったde:code 2016だったのですが、今回は自分のプレゼンの話ではありません。

今回のテーマは「プレゼンのレビュー」です。

澤の声掛けにより、社内のプレゼンの腕前に覚えのあるメンバー9名がレビュワーとなり、希望する人に対してプレゼンテーションのレビューを実施しました。

澤も7名ほどレビューさせてもらいましたが、今回はレビューをどのように行ったのか、いくつかのポイントを皆様にお届けしたいと思います。

ポイント1:「ビジョン」を説明してもらう

この連載で再三触れてきましたが、プレゼンには「ビジョン」が不可欠です。

澤の定義する「ビジョン」は以下の二つが言語化されていることです。

プレゼンの後、聴いた人がどういう状態になっていれば成功なのか
プレゼンの後、どのように行動してほしいのか

レビューを始めてまず質問するのが、上記の二つです。この二つに明確に答えられなければ、プレゼンテーションの後になにかの変化が起きることはありません。つまり、プレゼンテーションが大成功することはまずないのです。

スムーズに答えられれば、それでOK。もしも「えーっと…」という状態になれば、ビジョン作成のお手伝いをすることになります。

「自分の中で『これなら成功』っていう目標値みたいなものはありますか?」
「このプレゼンで、お客さんがどんな気持ちになっているとあなたは満足ですか?」
「会場を出た後、誰に・いつ・どんなことをしてほしいと思ってプレゼンをするんですか?」

質問に答えてもらうことによって「頭の中に何となくある状態」から「しっかりと言葉にする」ことができます。

この言語化のプロセスを踏むことによって、プレゼンテーションが目指すべき方向が明確になり、より聴いている人たちに響く内容に近づけることができます。

ポイント2:プレゼン全体を5分でまとめて話してもらう

「プレゼンの内容を5分でまとめて話してもらえますか?」とお願いするのも効果的です。これは、澤が言うところのプレゼンの「核」があるかどうかの確認作業になります。

プレゼンにおける「核」とは、「聴いた人が一言で他の人に伝えられる言葉」と定義しています。

今回のde:codeのセッション時間は60分だったのですが、その内容を5分でまとめられるということは、聴いた人たちに持って帰ってもらう内容がしっかり言葉になっていることを意味します。

5分でまとめられないということは、「あれもこれも」という状況になっていたり、「なんとなくまだ自分でもよく分かっていない」という段階だったりします。

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。