ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新潟の美味しい日本酒と新鮮な魚介類やこだわりの創作料理を楽しめる居酒屋

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新潟といえば、お米が有名ですが、日本海の海の幸と日本酒が美味しいところとしても知られていると思います。

今回は、そんな新潟の魅力を存分に楽しめるこだわりの居酒屋さんをご紹介したいと思います。

「酒肴屋いっこう」

場所は、新潟で古くから栄えている「古町」と呼ばれるエリアの一角にあります。

お店の前には、造り酒屋さんなどで吊るされている「杉玉」がありました。

こちらの店主の日本酒にかける思いを感じさせてくれます。

落ち着いた雰囲気の店内

店主と話をしながら美味しい料理を食べられるカウンター席の他にも個室が2部屋あります。

店主が厳選した地元新潟の地酒

樋木酒造株式会社「鶴の友」、高千代酒造「たかちよ」、青木酒造「鶴齢」、村祐酒造「無濾過本生」

他にも店主がピックアップした全国各地の地酒を取り揃えています。

「酒肴屋いっこう」では、こうした日本酒を美味しく楽しむための「お酒に合う料理」を提供することをコンセプトにしているとのことです。

旬の素材を用いた日替わりのメニュー

どれも美味しそうなので何をたのむか迷ってしまいますね……。

それでは、美味しいお酒と料理を楽しむこととしましょうか!

最初はビール(540円)をいただきました。

お通しの「鶏団子椀」と「ふきと鯛の子の煮物」

さっぱりとした味わいがこれから訪れるお酒や料理への期待感を膨らませてくれます。

「トマト浸し (540円)」

「牡蠣の茶碗蒸し青海苔餡かけ (702円)」

「鮎正宗 純米酒 /150cc(702円)」

ここで日本酒へとシフトします。

こちらのお店では、純米酒にこだわり取り揃えているとのことです。

続きましてはコチラ。

新潟といえばやっぱり魚介類ですよね!

「お刺身盛り合わせ (1,620円)」

佐渡産の本マグロ、活〆平目、ヒラマサ、シメサバ、活〆マコガレイ、メヒカリ、佐渡産ギンザケ、ウマヅラハギの肝和え、甘海老、黒海老、赤イカ、炙りタコと、素材の良さをそのままに味わえる一品です。

「空豆のすり流し (702円)」

裏ごしした空豆にアサリ出汁を加えた一品とのこと。

程良いトロみとコク深い味わい。

海老しんじょうも実に美味しかったです!

そろそろ食べごたえのある物が欲しくなってきます。

「村上牛と春キャベツの味噌煮込み (1,296円)」

味噌を用いた和風のビーフシチューの様な一品です。

一口目を食べた瞬間のイメージは、コク深い洋風のビーフシチューなのですが、後味にフワっと抜ける和風テイストな味噌風味が何ともいえません。

村上牛に続き、新潟産食材を使用した料理を注文してみました。

「地あんこう唐揚げ (1,080円)」

熱々でホクホクとした食感がたまりません!

メニューの中に「自家製ベーコン」なるメニューがあったので、気になり聞いてみたところ、見せてもらえました。

これは注文してみるしかないでしょう!

「自家製ベーコン炙り焼き (864円)」

う……うぅ……

ウマイ!!

これほどお酒に合う品も珍しいと思います。

日本酒だけでなく、ビールなどにも合うでしょう。

これは必食の逸品ですね。

各種料理が美味しく、お酒がドンドンと進みます。

次はコチラ。

「村祐 純米大吟醸 無濾過本生/150cc (918円)」

「鮎パテ (540円)」

焼いた鮎を頭や内臓などまるごと用い、各種香味野菜と共にペースト状にしてあるそうです。

濃厚な味わいの中にある苦味が日本酒に実に良く合います。

「くじらの味噌漬け(972円)」

生のくじらの脂身を味噌漬けにしてあるらしく、強い歯応えと鯨の脂のコクが良いですね。

たくさん、美味しい料理とお酒を頂いたので、そろそろシメとして2品を注文する事にしました。

「焼きごはん (842円)」

焼きおにぎりを平たくした感じで、鰹節、青海苔、マヨネーズなど、まるでお好み焼きのようです。

おこげが香ばしく、シメとしてだけでなく、おつまみとしてもいけそうです。

「冷しくじら汁、うどん入り (864円)」

新潟では、鯨の味噌汁を食べられる事が多く、こちらのお店ではそれを醤油ベースで提供しています。今回は「うどん入り」をいただきました。

鯨の脂は他の動物(豚、鶏、牛)などと違い、冷しても固まらないという事もあり、冷し汁としても美味しく頂けるのだとか。

鯨の脂身の他、ナスやタマネギなどが入り、また、大葉、ネギ、ミョウガとたっぷりの薬味がのっているのが良いですね!

「なめらか黒胡麻プリン (378円)」

ラストはデザートです。

黒胡麻がたっぷりと使われており、濃厚な味わいのプリンでした。

濃厚ながらも後味のしつこさがなく、各種料理やお酒を飲んだ後のラストとして、もってこいのデザートです。

随所に渡り、こだわりを感じさせる料理を提供している店主

新潟にお越しの際には、美味しいお酒と料理が楽しめるお店「酒肴屋いっこう」に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

※ 金額はすべて消費税込です。 /p>

※事前に電話予約してから行く事をおすすめします。

お店情報

酒肴屋 いっこう

住所:新潟県新潟市中央区西堀通6-889

電話番号:025-367-7154

営業時間:月曜日~金曜日 17:00~24:00(LO 23:00) 日曜日・祝日 17:00~23:00(LO 22:00)

定休日:水曜日

ウェブサイト:facebook


書いた人:

新潟ラーメン.com

新潟県内のラーメンを紹介するHPを運営しています。

サイト内では、仕込みに密着しお店のこだわりを紹介するインタビューや、新店情報、限定メニュー告知、クーポンの掲載などを行っています。 HP:http://noodles.bbshin.net/ Twitter:https://twitter.com/bbshin_t

関連記事リンク(外部サイト)

この味が嫌いな人っているの?京都丼界の新番長「大鵬」の「てりどんきんし」とは?【地獄盛もあるでよ】
メタル好きなら必食!「jun-pey ra-men成瀬本店」の黒らーめん
博多の台所に穴場のごはん処!?名物は市場クオリティの絶品海鮮丼【柳橋食堂】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP