ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食べると閃くお菓子って?新しい発想を生む「隠し味」に注目!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いくら会議しても話が進まない、取引先とのやり取りにも先が見えないーー。新しい閃きが欲しい!そんな時には、ネットや本ではなく「お菓子」を変えてみてはいかが?

思考の順序に沿って

効果が生まれるデザイン!?

「CREATIVE SNACK(クリエイティブスナック)」は、ブレストをサポートするためにデザインされたお菓子。そこには、思考の流れに沿った5つの”隠し味”が。

BIAS GUMMY 

まずは思い込みを外すこと。このグミ、仕掛けがあってそのままでは食べられません!「あること」をしないといけないのだそうですが、みんなで「何をすればいいのか」を話し合うことが新たなアイディアを生むきっかけになるのだそう。

TIME CANDY

15分で舐め終わる量で作られたアメ。しかも5分ごとに味が変化するので、時間の経過を味覚で感じられます。限られた時間で解決策を導き出さなければならない時、いい刺激となって集中できそうですね。

PLACEBO TAB 

考え方を切り替えたいタイミングでこのタブレットをカリッ。ちゃんと脳を休憩させましょう。

FORTUNE COOKIE

煮詰まってしまった時はこれ!「その説明を、自分の母親がわかるように」など、オリジナルの指令書が入っています。指示通りやってみることで、固まりがちな思考を新しい方向へ。

PAWN CHOCO

イチ押しのアウトプットにマーキングする意味で、上に乗せたり並べてみたりといろんな使い方ができるチョコ。自由に遊ぶことで、いろんな議論でちょっと疲れてしまった脳をリラックスさせましょう。緩急つけるのも大事!

お菓子でひらめきをプラス

中身は6人分で、この人数設定にもちゃんと意味があります。1つのグループにそのくらい人数が集まると、発想や解決の能力が最大限引き出せると言われているそうです。気になる価格は、4,500円で販売中。200セット限定だとか。ちょっとした手みやげにもぴったりかも?もちろん、味にも自信アリ。

公開されている動画では、共通点のなさそうな2人組に対して「愛について話す」というお題を課しています。CREATIVE SNACKを食べて会話がどのように変化するか、ぜひチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Makuake

関連記事リンク(外部サイト)

ソムリエいらず!?「ワインの適温」を教えてくれるスマート温度計

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP