ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

芦田愛菜や枝野経産相に「かわいい!」の歓声 東京国際映画祭、始まる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
芦田愛菜さん

 アジア最大の映画の祭典「東京国際映画祭」が2011年10月22日から始まった。同日におこなわれたオープニングセレモニーでは、会場までの六本木・けやき坂にグリーンカーペットが敷かれ、上映作品の出演者や監督らが歩いた。そのなかのひとり、女優の芦田愛菜さんが登場すると、会場からは「かわいい!」といっそう大きな歓声があがり、芦田さんはそれに応えるように笑顔で手を振っていた。

・東京国際映画祭グリーンカーペットを歩く映画出演者らを写真で見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np98082

 東京国際映画祭とは、日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭。1985年より開催され、今回で24回目。東京・六本木の会場に向かうまでの「けやき坂」と呼ばれる道路には、環境・エコが意識された「グリーンカーペット」が敷かれ、道路の両脇には映画ファンらが多数詰めかけた。カーペットを歩く俳優らは時おりサインをねだる声に応えるなど、恒例のファンサービスをおこなった。

枝野幸男経産相

 グリーンカーペットを歩いたのは、ジャッキー・チェンさん(「1911」)、中川翔子さん(「1911」吹き替え)、山田孝之さん(「指輪をはめたい」)、生瀬勝久さん(「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」)、仲里依紗さん(「ハラがコレなんで」)、芦田愛菜さん(「マジック・ツリーハウス」)、森山未來さん(「セイジ 陸の魚」)、阿部寛さん(「麒麟の翼」)、役所広司さん(「キツツキと雨」)、小栗旬さん(「キツツキと雨」)、ミラ・ジョヴォヴィッチさん(「三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」)ら著名な俳優など300名以上。

 また、出演者や監督だけでなく、特別ゲストとして、野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相も登場。他の俳優らの登場とおなじく、グリーンカーペットの両脇からは2人の名前を呼ぶ歓声があがった。特に枝野経産相に向けては、女性たちから「かわいい!」という黄色い声があがっており、それに対し枝野経産相は照れながらも笑顔で手を振り返していた。

 東京国際映画祭は10月30日まで9日間おこなわれる。なお、本記事ではオープニングセレモニーに向かう俳優らがグリーンカーペットを歩いている様子を写真で紹介する。

◇関連サイト
・東京国際映画祭グリーンカーペットを歩く映画出演者らを写真で見る
http://news.nicovideo.jp/watch/np98082
・第24回東京国際映画祭 – 公式サイト
http://2011.tiff-jp.net/ja/

(丹羽一臣)

【関連記事】
沢尻エリカ、不機嫌そうに「別に」 スニッカーズ新CMで自虐
20代アニメーターの平均年収は110万円 あなたの知らない業界事情
デジハリ学長がニコ動職人に熱いエール、「三重の人はハリウッドで通用するレベル」
新生スマイレージ、ミニライブで新メンバーが「物まね」自己紹介
日・韓・露コスプレイヤー、山陰のゆるキャラたちが「米子映画事変」に登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。