ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

めまぐるしく変化する状況に、体も心も必死…妊娠から稽留流産までの1ヶ月

DATE:
  • ガジェット通信を≫

結婚してから保育士として働き始め、早1年が過ぎたころの2014年3月。

生理が遅れていて、「もしや」と妊娠に気づきました。

子どもはもう少しあとかな…と考えていたので、嬉しさよりも戸惑いと驚きでいっぱい。

職場にいつ、どうやって報告しよう…年度の切り替わりの慌ただしい中、そんな焦りばかりが募っていました。

・4月1日

妊娠検査薬で陽性反応を確認。

・4月4日

産婦人科初診。子宮内に胎嚢を確認。「次は3週間後に来て」と言われる。

・4月11日

3週間も待てず、別の産婦人科を受診。胎嚢と卵黄嚢を確認。「1週間後に来て」と言われる。

・4月17日

前回と変化なし。「流産の可能性がある」と言われ、大きな病院を紹介される。

・4月23日

大病院受診。けいりゅう流産と診断される。

手術or自然排出を選択できると言われ、子宮の回復が早い自然排出を選択する。

「今後は普通の生活をして問題ない」と言われる。

・5月2日

GW。仕事が休みになり、急に不安が募る。食欲が減ってくる。

・5月3日夜~4日

食事がほとんど喉を通らず。

・5月5日

朝から下痢気味。茶おりものが出る(自然排出の兆候だったかも)。

・5月6日

GW最終日。お昼にカレーを食べるも、腹痛に。夜まで続く。

・5月7日

腹痛は治まり、久しぶりの仕事へ。体調はいつも通りに戻ったように見えた。

しかし22時半頃、出血を感じ、トイレへ。大きな塊が出てくる。

23時頃、出血が増え、10分間隔でトイレへ。その後腹痛と便意も重なり、冷や汗。貧血状態。

出血、痛みが少し治まり、布団へ。意識朦朧なまま眠りにつく。

・5月8日

病院へ出血の連絡。「早めに受診した方が良い」と言われる。

妊娠の事はまだ職場に報告していなかったため、「生理痛」を理由に仕事を休む。

病院を受診すると、子宮も綺麗になっているのでもう大丈夫とのこと。いくつか薬を処方される。

・5月12日

病院で経過受診。1回生理を見送れば、妊娠しても大丈夫とのこと。

流産についての話も伺う。今後、流産が2回続くと反復流産。3回以上続くと習慣流産というらしい。

3回続くようなら、血液検査等をして調べることもできるという。「不育症」という言葉も知る。

このように、約1ヶ月の間に、めまぐるしく変化する状況に、体も心も頭の中も、必死でついて行こうとしていました。

ネットで色々な妊娠用語を検索して、同じ境遇の人がいることを知ったり、さらに不安に陥ったり・・・。

初期の流産はもともと赤ちゃんの問題で「防ぎようがないもの」とされながらも、自分を責め、毎日が暗闇でした。 関連記事:さっきまで幸せいっぱいだったのに…。待望の第一子がまさかの稽留流産。あの命を決して忘れない

そんな中でも、仕事で触れ合う子どもたちに救われました。

命って本当に尊い。

子どもを産むことだけでなくて、妊娠することそのもの、そして妊娠を継続していくこと、全てが奇跡の連続なのだと知りました。

お母さんになる準備がまだできていなかったから、赤ちゃんもいってしまったのかな…そんな気持ちで、なんとかこの経験を乗り切っていった気がします。

いま、再び妊娠をしてやっと13週まで来ました。

まだ流産の記憶が時々不安にさせるけれど、お腹の赤ちゃんの力を信じて、少しずつ前を向いて、マタニティライフを楽しんでいきたいです。 関連記事:涙の代わりに満点の笑顔がこぼれた!初期流産後、妊娠に全力で向き合った日々

著者:よゆこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

二度の流産後
長女、1歳10カ月での初めての試練。パパとママと離れて過ごす長い長い1日
さっきまで幸せいっぱいだったのに…。待望の第一子がまさかの稽留流産。あの命を決して忘れない

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP