ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

付加金の支払いは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫
付加金の支払いは?

Q.

 労働者が50万円の未払残業代を求めて、また併せて、労働基準法114条に定める同額の付加金(一種の罰金のようなもの)の支払いを求めて提訴し、第一審で労働者に対し未払残業代50万円、付加金50万円の支払いを命ずる判決が出され、会社側は控訴しましたが、控訴審までの間に、会社は未払残業代50万円を支払いました。

 この場合、付加金の支払いはどうなるのでしょうか?

(1)付加金支払債務は消滅する
(2)付加金50万円を支払わなければならない

A.

正解(1)付加金支払債務は消滅する

 使用者が時間外手当などを支払っていない場合、労働者からの請求により、裁判所は未払額と同額の付加金の支払いを命じることができます(労働基準法114条)。
 ところが、付加金の支払義務は判決が確定することによって生じるとされています。

 そこで、第一審で未払残業代50万円、付加金50万円を支払えとの判決が出たとしても、会社が控訴をし、その間に未払残業代50万円を支払った場合、未払残業代については、弁済をしたことによって、請求が棄却されることになります。
 そして、未払金が消滅した以上、付加金についてもその支払を命じることはできなくなります。

 したがって、第一審で出された付加金の支払債務は消滅したことになります。

元記事

付加金の支払いは?

関連情報

退職時に未払いの残業代と、有給休暇の買い取りを請求できるか?(なっとく法律相談)
一律手当で残業代はカバーできる?(法律クイズ)
サービス残業分の賃金を請求できるか?(職場・労働)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。