体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

入居希望者があとを絶たない「DIYできるシェアハウス」の魅力

住民がDIYできるシェアハウス、入居待ちが続く人気物件の秘密とは?

このところ、シェアハウスが多様化している。ペットと暮らせるシェアハウスや、住民が切磋琢磨し英会話の上達を目指すシェアハウスなど、さまざまなコンセプトが生まれているようだ。なかには、住民が共用部や部屋を自由に改造できる「DIY」可能なシェアハウスもあるという。現地へ足を運んでみることにした。

下地がむき出しの内装を住民の手で自由にDIY

訪れたのは東京の下町に広がる閑静な住宅街。もとは印刷工場だった築42年のレトロな雑居ビルを一部リノベーションしたのが、アトリエ型シェアハウス「COURI 009 CAMP!」だ。

共有スペースや自室などは、基本的に自由に改装OKというこの物件。共有スペースも専有部も内装の施工はされておらず、壁や天井はコンクリートの駆体がむき出しになっている。そこから、入居者自身が必要に応じてDIYでカスタマイズできるという。

「シェアハウス物件は、共有スペースも個室もオーナー側でリノベーションしているものが一般的ですが、こちらの物件に関しては未改装の状態で貸し出しています。自分自身で手を加えられる余白を残しておくことで、DIYをしたいと思っている人に興味を持っていただければと思っています」

と話すのは、同物件を管理・運営するシェアカンパニーの大橋さん。同社では現在36棟のシェアハウスを管理しているが、特にこちらの「COURI 009 CAMP!」は、入居希望者があとを絶たない人気物件なのだとか。【画像1】2年前に当時の入居者の大半が引越したタイミングで「DIYできるシェアハウス」というコンセプトを掲げてリスタート。共有スペースはあえてリノベーションせずに、入居者が自由にDIYでカスタマイズできるようにした(写真提供:Riwa Tarui) 【画像1】2年前に当時の入居者の大半が引越したタイミングで「DIYできるシェアハウス」というコンセプトを掲げてリスタート。共有スペースはあえてリノベーションせずに、入居者が自由にDIYでカスタマイズできるようにした(写真提供:Riwa Tarui)【画像2】こちらが現在の共有スペース。入居者同士でインテリアをDIYで製作したり、持ち寄ったりして、居心地のいい空間をつくり上げている(写真撮影:飯田照明) 【画像2】こちらが現在の共有スペース。入居者同士でインテリアをDIYで製作したり、持ち寄ったりして、居心地のいい空間をつくり上げている(写真撮影:飯田照明)【画像3】以前の入居者が調達してきたという物流用木製パレット(すのこのようなもの)を利用し、DIYが得意な入居者が中心となって製作された共有スペースの本棚(写真撮影:飯田照明) 【画像3】以前の入居者が調達してきたという物流用木製パレット(すのこのようなもの)を利用し、DIYが得意な入居者が中心となって製作された共有スペースの本棚(写真撮影:飯田照明)【画像4】つくりたいと思っているものについては、共有スペースの「連絡帳」に記載して意見を募ったり、手伝える人がいないかなど、入居者同士でコミュニケーションを取りながら製作を進めている(写真撮影:飯田照明)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy