ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovo、世界初の商用Project Tangoスマートフォン「PHAB2 Pro」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo は 6 月 9 日、空間をリアルタイムに 3D マッピングする Google Project Tango の技術を搭載した Android スマートフォン「PHAB2 Pro」を発表しました。 PHAB2 Pro は数年前より行われている Google の研究プロジェクト「Project Tango」のコア技術を搭載した世界初の商用スマートフォン。Project Tango 専用のセンサーとソフトウェアを組み込んでおり、周囲の空間を認識すると共に、空間の中における自分の位置を特定することもできます。Project Tango ではモーショントラッキング、奥行きの認識、学習機能によって、拡張現実(AR)体験を改善します。実際の機能は対応アプリで利用できるようになっています。「GuidiGO」では AR ミュージアムを体験でき、「Lowe’s Vision」ではリビングやキッチンといった家の内装をアレンジすることができます。PHAB2 Pro の主要スペックは、6.4 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 652 オクタコアプロセッサ(Tango 用にカスタマイズ済み)、4GB RAM、64GB ROM、背面に 1,600 万画素カメラ + 800 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、4,050mAh バッテリーを搭載しています。筐体はアルミユニボディを採用しており、厚さは 8.9mm とスリム。前面のカバーガラスは 2.5D 仕様となっています。デザインは Motorola スマートフォンに似ています。また、背面には指紋リーダーを搭載しており、360 度の空間録音に対応した Dolby Atmos 5.1 Audio Capture に対応しています。PHAB2 Pro の価格は $499 とされています。Source : Lenovo

■関連記事
Lenovo、Moto Z / Z Forceで3.5mmオーディオジャックを廃止、代わりに3.5mm – USB Type-Cアダプタを同梱
Lenovo、Motorolaの2016年フラッグシップ「Moto Z」と「Moto Z Force」、拡張パーツ「Moto Mods」を発表
Galaxy Note 6/7の虹彩認証機能は事実?スクリーンショットにヒント

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP