ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「痛いのは一瞬、怖い思いをしてるのは赤ちゃん」私が冷静に出産を乗り切れたわけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

予定日を過ぎても子宮口がまったく開かず、いつになるのかなーと気楽に構えていました。

ネットで検索すると、出産直前におしるしがあったり、前駆陣痛があったりするらしいということはなんとなくわかっていたので、出産となった予定日3日後の当日も、何度もトイレにいっては確認をしてました。

遠出も控えていたので、家でのんびりしていると夕方くらいにすこーしだけ違和感が。

「まさか陣痛なわけないよなぁ」

と思いつつも、予めダウンロードしておいた陣痛のアプリでカウント開始。

間隔は30分から1時間と間があくのでまだまだだなと。

初産は陣痛がきてから15〜6時間くらいかかると聞いていたので

「明日の夕方くらいには生まれるかも」

なんて思っていました。

念のため主人と母親に、もしかしたら陣痛きたかもと連絡。

主人はいつも帰りが遅いのですが、その日は早く帰宅してくれました。

その頃には間隔は10分くらいに。

主人と話をしながらも、

(明日の夕方くらいだと長丁場になるし、今のうちに寝ておこうかな)

と、9時にはベッドに入って寝ようとしました。

が、寝られない!気になるし痛みも大きくなってくるしで眠れない。

30分ほどして主人もベッドルームに来たのですが、その頃から陣痛アプリでボタンを押すのも億劫になってきたので主人に変わってもらい、『きた!』というと押してもらうことにしました。

必死でアプリをしていたのは、5分間隔にならないと病院にいってはいけないような気がして。

5分間隔になっても、また10分間隔近くにもどったり。

勘違いだと恥ずかしいなというのと、陣痛始まってからそんなに時間がたっていないのでまだまだだろうと勝手に予想して、家でしばらく耐えていました。

その間、病院に2度ほど電話しましたが、余裕そうな私の声を聞いてか助産師さんも

「明日の診察時間にきてもいいかもしれませんね」

との回答だったんです。

11時くらいから痛みが激しくなって、嘔吐とおしるしが出て、

「さすがに病院いかないと!」

と焦り病院に電話。

助産師さんも

「とりあえず来てください」

と少し呆れている感じ。

主人に陣痛タクシーをよんでもらって、車で15分ほどの病院へ。

タクシーの中では陣痛の度に少し声が漏れてしまうほど。

タクシーの運転手さんも少しテンションがあがり気味。

ようやくついてドアを開けると助産師さんが迎えてくれました。

荷物を部屋において分娩室へ。

「子宮口確認しますねー、まだの場合はまたお部屋戻りましょう。その前に着替えてトイレいってください。出なくてもいいので」

陣痛真っ只中の中トイレへ。

座る…出ないよ!

ちょっと頑張ってみたけど無理でした。

無理でーすとトイレの中からいうと、大丈夫だというのでそのまま分娩台にいきました。

この頃には陣痛の度に骨盤が鈍器で殴られるような痛みに。

子宮口を確認した途端。助産師さんの雰囲気が一気にかわる。

「子宮口9.5センチ開いてます!出産準備入りますね!」

バタバタと準備をする助産師さん。

まだ用意してなかったんかーいと思いつつ、破水しました?と聞かれ、

「まだです」

といった少しあとに安心したのか破水。

破水しましたー!と報告、先生呼びに行ったり出産準備をする助産師さん。

当直のいつもと違う先生が到着し、

「夜分遅くすみません」

という私に

「仕事ですので」

と冷静に返す先生。(そりゃそうだ)

「どのくらいで生まれそうですか?」

と質問すると、子宮口を見ながら、

「3、4時間かなー」

と言われたので、分娩室に入ってきた主人にお互いの両親に電話するように伝えました。

私の両親は夜中に車でむかってくれるとのこと。

そしていよいよお産開始!

いきむ間隔が最初よくわからず、腹筋から下っ腹に力を入れているとだんだん下がるのがわかります。

いきむのが辛く、あとどれくらいで生まれるかとまた聞くと

「あと2、30分でうまれそうだなぁ」

とかなりの短縮!

俄然やる気がでます。

痛みがくるといきんで、痛みがなくなるとゆっくり休む。

これが1分間隔で繰り返されます。

つらいから早く生んじゃえー!と、いきむ時にかなり力をいれます。

助産師さんにも『体力あるな』と思われたのか、

「まだいける?まだいける?」

と連続いきみ。

頭が出てきたよーと言われてからとても長くかんじた。

実際頭の所でつかえていたみたいで、助産師さんが赤ちゃんの心拍をみながら少し慌ただしくなるし、私には酸素マスクつけるし、ちょっと焦りました。 関連記事:頭が大きめ?の赤ちゃん。お腹が破裂しそうな痛みに恐怖、最後は吸引分娩に

会陰が裂けてさらに切開もしましたが、言われてわかっただけで痛みはあまりなかったです。

肩が出るときが1番痛かった…。

痛いっ!と思ったら、

「力抜いてー」

と言われて、するーっと出てきました!

出てきた瞬間大きな産声。

お産のシュミレーションではいつも泣いてたけど、実際は全く涙は出ず、小っちゃい赤ちゃんをみて感動。

最初にかけた言葉が、

「よくがんばったね、こわかったね。がんばったねー」

でした。

生まれた瞬間から動画を撮ってくれた主人、グッジョブ。

お産中、役に立てなくてごめんという主人と、痛みの中

「いてくれるだけで助かるよ」

とパーフェクトな受け答えをする私。

よく旦那に罵声を浴びせるとか聞くのでびくびくしてましたが、終始冷静にお産ができたのでよかった。

常に考えていたことは、

『痛いのは一瞬!私より怖いのは赤ちゃんのほうだ!』

ということ。

これが力の源になりました。 関連記事:この痛み、『鼻からスイカ』以上…!でも、赤ちゃんも頑張ってるから泣いていられない

本当にお産は人それぞれ。

ネットで調べてわかった気になってたなぁと思いました。

こんなにお産が進むまでお家で我慢したことを先生に注意され、二人目はもっと早い可能性があるから気をつけてねとも言われました。

出産後、分娩台の上からこちらに向かってる両親に電話。

2、3時間といってたお産が2、30分で終わったのでかなりびっくりしてました。

お腹が空いて、コンビニで買ってきてもらったサンドイッチをぺろりと完食。

時間だけ聞くと誰もがスーパー安産だと言うけど、痛いもんは痛い。

でもやっぱり今思い返してみると、とても素敵な1日だったなとおもいます。

人生の中でもとても大きな大事な1日。

そういえば頭がなかなかでてこなかった赤ちゃんは、頭がとっても長く生まれてきて心配しましたが、いまはすっかり丸く綺麗な形になりました。

立会い出産をして主人のありがたみがよくわかりました。

安心感というか、何をしてくれたってわけじゃないんですけどね。

著者:MK

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

10分間隔の痛みにも病院は「まだ来ないで」!自宅でギリギリまで陣痛を耐えた
私は母から愛されていないと思ってた…。自分の出産によって初めて知った実母の本当の思い
年の差二人目出産!!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP