ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

役者として重宝される平岩紙の「顔」 人気ドラマ、CMに抜擢

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『とと姉ちゃん』(NHK)や『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)に出演中の女優・平岩紙(36)の評判が、このところうなぎのぼりだ。平岩といえば、P&Gの「ファブリーズ」のCMでもお馴染みだが、これまで数多くの作品に出演してきた彼女がここに来て注目されるようになったのはなぜか。

 ドラマ評論家の成馬零一さんはこう解説する。

「平岩さんはずっとサブカル寄りの道を歩んできて、コメディーや暗いドラマで印象に残る役者さんでした。それが年齢を重ねて母親ができるようになったことで、朝ドラのように“メジャーのど真ん中”の作品にもよく出るようになりました。

 平岩さん自身は昔とそんなに変わっていません。ただ、ファブリーズのCM出演によってイメージが一気に明るくなったということはいえます。もしあのCMがなくても、ドラマ視聴者に『あ、またこの人出てる』くらいに認知はされていたでしょうが、世間に広く認知されるようになったという意味で、やはりあのCMの影響は大きかったと思います」(成馬零一さん・以下「」内同)

 ファブリーズの「熱血家族シリーズ」のCMには、松岡修造(48)らとともに2012年から共演している。CM上の設定とはいえ、あの松岡を一言で黙らせる妻はインパクト大。何度も目にするCMだけに、平岩のメジャー化をアシストした最も大きな要因であることは間違いなさそうだ。

 また、平岩が所属する劇団「大人計画」そのものが、時間をかけてじっくりと評価を上げていったことも大きいと成馬さんは話す。大人計画には、主宰の松尾スズキ(53)ほか、クドカンこと宮藤官九郎(45)、阿部サダヲ(46)などそうそうたるメンバーが名を連ねる。

「大人計画はもともとマニア受けする集団でしたが、主要メンバーが揃ってメジャー化していきました。クドカンさんがNHKの朝ドラの脚本を書くというのも、昔なら考えられなかったことです。

 大人計画全体が売れたのは、敏腕なマネジャーがいるからともいわれますが、端っこにいても目立つ味のある役者さんたちが、ドラマなどでしっかりと脇を固めてきたからだといえます。主演級の役者さんは浮き沈みが激しいことに悩まされますが、何番手かの脇役として出ている役者さんは、安定してずっと脇でやれるというのが強みです」

 平岩も中心人物にはなりにくいが、一回出てきただけでも印象に残る役者だ。それは演技力があるからともいえるが、あの個性的な容姿にも秘密が隠されていそうだ。彼女のビジュアルに関しては、これまでにも「美人なのか、ブスなのか」という論争がたびたび起こっていた。

「『木更津キャッツアイ』が放送されていた当時(2002年)も、10代20代の視聴者から『見ようによっちゃカワイイ』、『あの微妙さがいい』などと言われていました。大人計画の他の役者さんにもいえることですが、平岩さんも『普通だけど印象のいい顔の人』だと思います。女優さんとして魅力は必要ですが、魅力がありすぎると惨めな役ができません。美男美女では話が成立しない時に、こういう生々しい顔は重宝されます」

 今後はどのような女優になるか。阿部サダヲなどは、ドラマや映画の主演にも抜擢されるようになったが…?

「中年女性を主役に据えたドラマの企画自体が少ないので、『どうしても平岩さんを使った企画をやりたい』という人が現れない限り、今の路線を変わらずに進むでしょう。中心にいなくても、派手な役者さんの脇を固めていくくらいの距離感がちょうどいいと思います」

 “メジャーな脇役”としての今後の活躍に期待したい。

【関連記事】
藤原紀香 片岡愛之助と共演ドラマの試写会で見せた美脚
『GANTZ』脚本家 ジャニーズ×歌舞伎のバディー作品書きたい
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP