ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日1食 認知症やうつ防止、高血圧や高血糖などの予防に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 タモリ(70)やビートたけし(69)など、健康のために「1日1食生活」を実践している有名人は少なくない。朝昼抜きではお腹が空きすぎて、「体力が持つのか?」という素朴な疑問が湧き上がるが、1日1食の推奨者で近著に『完全図解! 一日一食のススメ』(ビジネス社刊)があるイシハラクリニック院長の石原結實(ゆうみ)・医学博士は、その効果についてこう解説する。

「人間は空腹になると長寿遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子が非常に活発化し、健康長寿になれるという研究が発表されています。さらに空腹時には胃の中からグレリンというホルモンが分泌され、これによって脳の記憶中枢である海馬の血流が良くなり、認知症やうつ防止に役立つことも分かっています」

 以前話題になった、3食は食べるがおかずの量を減らす「粗食のすすめ」と違うところはどこなのか。石原氏が語る。

「1食にすることで飢餓状態、空腹状態が長く続くことになります。それが、サーチュイン遺伝子をより活発化させるのです」

 それだけではない。1日1食にすることで、高血圧や高血糖、高脂血症の予防にもつながるという。

「糖や脂肪の胃腸からの取り込みが減ると、体内に残った糖や脂肪の燃焼を促すので、高血糖、高脂血症が予防できます。食べたものを利用して熱を作るよりも、体に蓄えた脂肪や老廃物を燃やして熱を作る方が熱効率がいい。体熱も上がり、免疫力も高まります。

 また、動脈硬化の原因である血管の内壁に脂肪が沈着することも防ぐことができるので、高血圧予防にも役立ちます。メタボリックシンドロームの予防効果もてきめんです」(石原氏)

 がんの予防にも効くというから驚きだ。

「がん細胞は、特に糖分を取り込んで増殖するので、1日1食にして余分な糖分を摂り過ぎないことはがん細胞の増殖を防ぐことにもつながります」(石原氏)

 食べる量が減ることで、体内で生成される老廃物や老化の原因となる過酸化脂質などが少なくなるため、加齢とともに増える肌のシミやくすみも少なくなるという。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
「ハゲ親父だから子供もハゲ」というほど遺伝は単純ではない
長寿研究の第一人者がオススメする長寿ジュースを2つ紹介
バストの大きさは遺伝で決まる説の真偽を南雲医師が解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP