ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

43年洞窟生活男性 生還の大和くんに「おにぎりのウマさ忘れるな」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「しつけ」として、北海道の林道で親に置き去りにされ、行方不明となっていた小学2年生の田野岡大和くん(7才)が、奇跡の生還を果たした。1週間近くサバイバルした大和くんに対し、43年間洞窟などに潜伏していた経験を持つ「洞窟オジさん」は何を思うのだろうか? 洞窟オジさんに話を聞いた。

「洞窟オジさん」こと、加村一馬さん(70才)。群馬県生まれ。ひもじさでつまみ食いをしたときなどに、木の棒で叩かれたり、両足を縛られて木の枝から逆さ吊りにされたり…。両親による度重なる虐待から逃れ、13才のときに家出。足尾銅山の洞窟をはじめ、栃木や新潟などを転々としながら、43年間にわたり、サバイバル生活を送った。現在は社会復帰し、障害者支援施設に勤務している。なお、人目を避け、昆虫や小動物、獣などを食し、洞窟などを寝ぐらにして歳月を重ねた詳細は『洞窟オジさん』(加村一馬著、小学館文庫)に刻まれている。

 * * *
 それにしても、あの親は勝手な親だと思ったよ。いくらなんでも、子供を独りだけ置き去りにすべきじゃない。クマ、イノシシ、ヘビ…どう猛な獣や生き物が潜んでいるんだから、危険極まりない。あの親は、折檻の1つとして、置き去りを日常的にやってたんだろうなぁと思うよ。5分10分で現場に戻ったとか言うけど、本当かなぁ。

 まぁ、ともかく、あの子の身が無事だったのはよかった。自衛隊員に発見されたとき、おにぎりを手渡されたそうだけど、その味を、そのウマさを生涯、忘れちゃいけない。

 もともとは、自分が悪さをしてあんなことになったんだろ。美談だけじゃすまされないだろう。この先、いろんな思いを味わうことになるだろう。

 オレも43年間、人目を避けて生きてきたから、どこかしら気持ちが想像できる。人様には迷惑をかけなかったつもりでいたけど、結局は、周りのいろんな人に迷惑をかけてた。そして、気づいたら、いろんな人に助けられてた。

 まぁ、ともあれ、あのおにぎりのウマさを事あるごとに思い出すのがいいと思うな。

※女性セブン2016年6月23日号

【関連記事】
「洞窟おじさん」加村一馬さんとリリー・フランキー対談実現
大和くんはなぜ生き延びた? 43年洞窟に住んだオジさんが分析
人間関係の断捨離法「距離を取りつつ、いずれフェードアウト」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP