ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広岡達朗氏が巨人・阿部慎之助に決断を求める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いま、巨人の二軍は「超豪華メンバーのたまり場」だ。開幕から二軍暮らしのマイコラス(年俸2億4000万円)は5月末、都内で行なわれた新作映画のPRイベントに日本でタレント活動をしているローレン夫人とともに颯爽と登場。

「その場にいたのは芸能マスコミばかりで、“こんなところに来てていいんですか?”と聞く記者はいなかったが、他の選手からは顰蹙を買った」(球団関係者)

 かつての守護神・西村健太朗(1億3000万円)は、開幕三軍スタートで先日ようやく一軍へ上がったばかり。開幕4番・ギャレット(3億円)も、打率低迷と5月22日の中日戦での1イニング2失策で “戦犯”となり二軍落ち。右肩痛で戦線を離れていたチームの要・阿部慎之助(3億2600万円)が一軍復帰するまでは、「二軍選手の年俸で15億円」と揶揄された。

 阿部は復帰初戦のオリックス戦で逆転の決勝2ランを放ったが、ファン心理には微妙な影を落としている。熱狂的な巨人ファンのタレントのヨネスケ氏はいう。

「これだけ主力が故障で出られなくても勝率5割近辺ですから悪くはない。阿部さんが復帰して打線は変わるでしょうしね。

 ただ、将来的なことを考えたら、今年ここまで任せたのだから、何があっても最後まで小林(誠司・2600万円)を(捕手として)使おうよ。ここはある程度、結果に目をつぶるべき時だと思うね」

 当初の構想通り、「若手をきちんと育てる」ことがファンの望みでもあるのだ。コラムニスト・えのきどいちろう氏は「もう巨人は、今年の優勝は諦めたらいい」とまでいう。

「開幕直前に野球賭博事件が発覚して、高橋監督は火中の栗を拾って就任した。若手のヨシノブ・チルドレンをたくさん作ったほうが建設的でしょう」

 となるとやはり、「サード・岡本和真(1400万円)」のような起用が必要なのか。巨人OBの広岡達朗氏がいう。

「たしかに岡本の守備はプロのレベルではない。守備オンチです。でも、それを教えるのがコーチの仕事。試合で使い、何年もかけて一人前の選手に育て上げる。その気概がなければ、いつまで経っても岡本の守備はダメなままですよ。

 阿部にしても、いまさら戻ってきてほしくない。そんなことをしていたら、後継者などできやしません。水原(茂)監督にしても川上(哲治)監督にしても、新人一人レギュラーにするため命がけで教えた。

(阿部は)何億ももらっているのだから、シーズンを通して満足にプレーできなくなれば潔くユニフォームを脱ぐべき。それを促すのが高橋監督の仕事だと思う。十分なレベルでできなくなった時は、惜しまれながら去る。これが巨人軍の教えであり、巨人の野球なんです」

「昔の名前」で勝負していては、強い巨人は帰ってこないという箴言である。

※週刊ポスト2016年6月17日号

【関連記事】
巨人小林誠司 「女断ちで変われる」とフジ宮澤智と距離置く
巨人OB広岡達朗氏「本当に若手を育てる気があるのか…」
阿部慎之助の捕手復帰に広岡達朗氏「すべてが破綻している」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP