ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カダフィ氏死去のリビアを見れば 来るべき北朝鮮崩壊の「備え」になる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏

 リビアで42年にわたって独裁政権を続け、逃亡を図っていたリビア元最高指導者カダフィ氏が2011年10月20日、出身地の中部シルトで拘束され死亡した。21日に放送されたニコニコ生放送「緊急特番!独裁者カダフィ大佐死亡」では、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏が出演し、独裁政権崩壊後のリビアや日本への影響など、視聴者から寄せられたさまざまな質問に答えた。番組でロバートソン氏は、北朝鮮を近隣に持つ日本に対して、独裁体制崩壊後に何が起こるのかリビアの今後を見続けながら、難民問題など「リアルな可能性」をしっかり追求すべきだと述べた。

 「今後リビアはどうなるのか」という質問に対して、ロバートソン氏は、「部族が違うし民族構成が複雑。均質な同調社会ではない」と説明しながら、カダフィ氏によって”嫌われ役”として優遇され、カダフィの利益を代弁しているマイノリティの黒人たちに、リビア人の怒りの矛先が向かっていることを指摘。また出稼ぎに来ていたアフリカ人の多くが強制的に、傭兵として民衆に銃を向けたこともあり、人種差別のような形で、報復の暴力が行われてしまう可能性もあるという。そのような混沌とした状況の中で

「これから本当の民主主義の社会というものを、一人の人間による支配しか知らなかった人たちが、皆で決める、話し合う、ディベートをする、投票をする、そしてその投票の結果に従うという近代国家、国民国家、民主国家というものを樹立できるのかどうか」

と話す。リビアの民主化について「なるべく楽観的に見たい」というロバートソン氏だが、実際には冷や冷や見ている人や、「無理だ」と言っている人もおり、

「これからのリビアは、欧米にとって付き合いやすい国になるのか、民主国家と言えど付き合いにくい国になるのか、全く分からない状態」

と、リビアは独裁政権の崩壊には成功したものの、民主国家を樹立出来るかどうかはまだ不透明との見解を示した。

 また「カダフィ独裁政権の崩壊が、日本にどのような影響を及ぼすのか」という質問に対してロバートソン氏は、原油価格の変動を挙げた上で、日本近隣の独裁政権国家である北朝鮮の存在についても触れた。「北朝鮮は長くないと思っている」と語るロバートソン氏は、金王朝が崩壊した後にどのような混乱が訪れるのか、日本に難民が流れてくるのか、彼らが武装して立てこもらないかなど、「リアルな可能性」を追求すべきだとし

「リビアを一日刻みでこれから見ていけば、今後、東アジアで不測の事態が起きた時に、日本がどういう巻き込まれ方をするのか、どう備えれば良いのか、考える素材になると思う」

とコメントした。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]ロバートソン氏の「北朝鮮は長くないと思っている」から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv68073034?po=news&ref=news#1:15:20

(中村真里江、岩本義和)

【関連記事】
北アフリカ・中東の「民主化運動」、日本はどう受け止めるべきか
中東政治の専門家・臼杵教授、「ソーシャルメディア革命」という呼称に違和感
「エジプト革命」の影の立役者? 謎のハッカー集団「アノニマス」
ウィキリークスの意義とは何か アサンジはテロリストか?
中国当局は何に怯えているのか? 中国社会の矛盾と不満を分析

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。